シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポール生活のあとがき ~書くということ~

さてシンガポール生活を思い起こしてみて、一番長く続いたのはこの”書く”ということだった。もともとこのブログを書き始めたきっかけはこの三点だったのだけれど、その後、私のシンガポール生活において”大勢の人に向かって、大きな独り言をぶつぶつ呟く”という作業は結構大切なことになっていったように思う。

①三か月の一人旅(2015年4月~7月)に出ている間、母と夫に無事を伝えるため

②自分がその時に何を見て、何を感じたのか記録しておきたかった

③日常的なストレス解消方法が必要だったから(それを書くことに求めた)

なぜかというと、まず単純に”書く”ということ自体が楽しかった。始めから母と夫という二人の読者を獲得してはいたが、読者がいようがいまいが、なぜかただ単に自分が体験したことや見た物、感じたことを書くという作業そのものが楽しかった。つまりブログを書き始めたことで、日々の楽しみが一つ増えたことになる。次に書くことで自分の考えを整理できるということ。その時に思ったことや感じたことをそのままタイプしているので(何かを整理してから書いている訳ではない)、書いて自分の文章を眺めた後で『あぁ、自分はこんな風に思っていたのか』と気づくことがあった。f:id:Nisshi:20180503181405j:plain

そしてお顔を直接拝見することはなくとも、時としてブログを書いていることで誰かとの繋がりを感じられることがあった。これはある種、孤独な異国生活を送っている中で『自分は一人じゃないんだ』と思うことができ、私にとってはとても重要なことだった(なんせ、一言も誰とも口を利かないという日もあった)。また自分が行った場所へどなたかが行ってくださったり、自分の体験が何らかの形で誰かの役に立っていたことを知った時に『自分がシンガポールでやってきた色々なことが、無駄じゃなかったんだなぁ』と思え、何か感慨深いものがあった。あとひそかに、誰かの暇つぶしたるちょっとした読み物を目指していました。ですので、もしシンガポール(もしくはどこの国にいても)で『暇で死にそう』などと思ったら、ブログを書いてみるという時間の潰し方もあるかもしれません。(案外書き始めは難しくて、あれやこれやと文章をこねくり回しているうちに、数時間があっという間に経ったこともあった)別に死にそうと思わなくても、書いたらいいのだけれど。

f:id:Nisshi:20180503182652j:plain

さて、これからは自分のポリシーみたいなものを「シンガポールにいるうちに🌴」から「日本にいるからこそ🎐」へ変えて、日本でも自分にとって意味があり、おもしろいと思える生活を送って行きたい。現時点で分かっていることは、シンガポールであまりにも自由な生活を送りすぎて、三年前に自分が日本で送っていた生活には適応できそうもないということ(笑)また色んな国を旅し色んな人と話した事で、自分の価値観や考え方も昔の自分とは大きく変わり、今の自分にフィットする何か新しいものが必要な気がする。日本からシンガポールへ引っ越しした時と同様に、またここから自分が一体どのような人生を送るのか予想がつかなくなってしまった。

f:id:Nisshi:20180503182824j:plain

とりあえずしばらく休養を取ったら、自分のシンガポールでの経験から何か人の役に立てそうなことをコツコツとやりますか。特に自分がシンガポールに住んでいた時にほしかったことの一つ『誰か同じ経験をしている人に、ただ話を聞いて欲しい。大変さを分かってほしい』ということを今度は自分ができればいいなと思う。ちなみにある日どうしても誰かに話しを聞いてもらいたくて、ココナラという自分のスキルを誰かに売るサイトで、孤独な海外生活を送っている人の話を聞いてくれるサービスがないか検索したことがあった。が、チャットだけで直接話を聞いてもらえるサービスはなかった・・・。”話聞きます”というサービス自体は存在するが、やはり同じ経験をされていて辛さを分かってくれる人に話がしたかった。そうでないと、機械に向かって話しているのと同じことになってしまう。

最後になりましたが、みなさんのシンガポール生活が(いや、別に日本でもタンザニア生活でも)充実したものになりますように。ここから私は、シンガポールに約三年住んだ自分が今後どのような生活を送って行くのかを綴ってゆきます。ただし次は日本にいるからこそ🎐へ。