シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールに暮らすことになった自分へ送るアドバイス ~その2~

③自分の意思で、好きなものを選んでください

最終的には自分で決断したものの、そもそも私がシンガポールに来たくて来たわけではないのでその時点で自分の意思に反していた。その分シンガポールに来た後は、可能な限り自分の意思で色んなことを選んだ。例えば会社勤めは途中で辞めて、元々シンガポールに来る前にしたいと思っていた長い一人旅に出た。始めは旦那が選んだ場所に住んでいたが、契約更新のタイミングで私が住みたいと思った場所へ引っ越しした。収入は良いが自分の興味のないオフィスワークよりも、金をそんなに稼げなくても自分が面白いと思える日本語教師とライター業を選んだ。シンガポール人やその他外国人とたくさん過ごした。

(ローカルの日常生活が垣間見られるエリアへ引っ越し、とても楽しかった)

f:id:Nisshi:20180418121130j:plain

内容や種類を問わず、どんな小さなことでも可能な限り自分の意思で選ぶことが大切だと思う。そうでないと出発がそもそも自分の意思ではないので、その後もずっとなんかもう他人に自分の人生を操作されているような気になって、精神衛生上すごくよくない。大きな何かの流れでそうせざるを得なかったとしても、途中から自分の人生の舵を自分に取り戻したい。

④「こうでいけないといけない」ということは、何もない

日本だとどうも他人の目が気になって他の人と同じような行動をとりがちだけれど、特にシンガポールではそれを気にする必要がなかった。色んな国の人がおり人それぞれで、日本で言う普通や常識などない。(あるのは法律と罰金だけ)したがって、シンガポールでは大いに自由に過ごしてほしいと思う。派手なワンピースを着たっていいし、訳の分からないTシャツ+短パン+ビーサンで買い物に行ったっていい。

(あぁ、えらいこっちゃ。これは結構丈の短いワンピースだった。2016年のこと)

f:id:Nisshi:20180418122008j:plain

それにシンガポールで送ることができる生活の種類にもいくつか選択肢がある。仕事をするなら①フルタイムの会社勤めもあるし、②パートタイムの会社勤めもあるし、③一つの組織に属さないフリーランスのような形もある。④何かを学びに学校(もしくはそのような機関)へ行くことだってできるし、それが最終的に職に繋がることもある。そういう意味では私は全部を経験したことになる。始めはフルタイムで会社勤めをした(①)。その後、写真の学校へ行ったり、通信教育で日本語教師養成講座を受講したり、中国語学校へ通った(④)。最終的には日本語をオンライン(③)とシンガポールのローカル学校で非常勤講師(②)として教え、ある日系旅行会社へシンガポールに関する記事を書いた(③)。

今やインターネットさえあれば場所を問わず仕事をすることができる。日本で言う普通〇〇するものなどという考えはちょっと置いておいて、自分に合ったシンガポール生活を自由に作ればいいと思う。ちなみに私はこちらのウェブサイトを参考に自分のスタイルを作って行った。

tatsumarutimes.com

あとシンガポールで職の紹介だけではなく、働き方そのものなどの相談に乗って頂けるところがあるようです。(以下、34ページご参照)実体験者に直接お話しを聞けると心強いですよね。

http://www.parti.com.sg/pdf/PARTI_2017_DEC.pdf

 

~続く~