シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

最後のアドバイスはティラミスヒーローで

いつも人生相談をしていたライフコンサルトの中国人(シンガポール人と思っていたら違った)と恐らく今日がシンガポールで会う最後の日となる。ティラミスは食べないが、ご飯がおいしいし店内がかわいいのでティラミスヒーローで会うことにした。

道に迷ったとかで20分くらい遅れて彼女が到着する(私はもう待つのに慣れてしまった)。「こんにちは~!大丈夫でしたか?」「なんかこの辺をグルグルしてたのよー!これ、餞別よ」と言ってくれたのは、立派なタロットカードが入った箱だった。「あなたは頭がロジカルだから、右脳もちょっと鍛えないとね」ロジカル?そんな風に映っていると思わなかったので、意外だった。でも確かJamesも同じようなことを言っていたっけ・・・。勘とかフィーリングで結構動いていますが。

(カードの意味を説明する小さな本まで入っていた。太谢谢了。)

f:id:Nisshi:20180326161653j:plain

私は前に食べておいしかったサーモンのパスタを、彼女は一日中オーダーできる朝食メニューを頼んだ。ここから我々はいつも通り色んな話をする。日本に帰った後どうするのかや、まずは日本の生活を純粋に楽しみながら疲れを癒そうと思っていること、どんな仕事に就こうか考え中であることや、今まで私がやってきたことを活かしてできそうなことなど。「今は日本語で私のシンガポール生活のブログを書いていますが、次は日本の日常生活を英語、日本語そしてできれば中国語で書こうと思っています」「中国語はその後、どれくらいできるようになったの?」「一点点(少しだけです)。真一点点(本当に少しです)。日本語との類似性があって、中国語を勉強するのは楽しいです。ただ発音が難しいです」と言うと、”風”を中国語で言ってごらんと言われたので「风(Feng)」というと違うと言われた。「それだとfongに聞こえる。fengよ」このengが私は苦手だった。いつもengとangの違いを出すのに苦労をした。「だからテストしてみたのよ」とのこと。最後はよしっと言ってもらえた。

たくさん話した中で印象深かったことをここに残す。

①セルフブランディングしなさい

「自分に何ができるのかを見直して、それらを組み合わせて自分の好きな分野で仕事をしなさい。セルフブランディングしなさい」とのこと。私には何ができるのだろう?日本での約10年間の海外取引先との事業推進、シンガポールでのベンチャー企業の組織作り、日本語教師、Webライター、そして自分で調べまくって面白い旅のプランを作ることができるという特技があった。旅程作りはさておき、どれも日本と海外を結ぶことを軸としたものだった。

「あなたは外国人が知らなくて興味のある日本の日常が何なのかが分かっているから、日本の旅行会社のコンサルティングをするとか、日本に旅行に来る前の人に日本語をオンラインで教えて付加価値をつけるとか、トラベルコンサルタントをすればいいわよ。シンガポール人は東京ディズニーランドよりも日本の日常にもっと触れたいけど、どうすればいいか分からないのよ。あぁ、農業体験とかいいわね。シンガポールは小さすぎて農業は見られないし、日本の農産物の品質の高さの理由や農家がどんな生活を送っているのかとか知りたいわ。”農家の一日”とかブログに書いて欲しいわ。(私もそれ体験してみたいです)あともっとローカルの人と交流したいのよ」米が炊けた時になる炊飯器の音にシンガポール人がびっくりするくらいだから、普通の日本の暮らしを紹介したらきっと面白いのを知っている。それから私の日本語の生徒さんが日本を一カ月弱くらい旅行をした時、楽しかったけれど日本人と深く関わることがあまりできなかったこと、それに毎日観光するだけでどこか決まった場所へ行くというようなイベントがなかったのが、少し虚しかったと言っていた。日本の日常生活体験、言語の背景にある文化や習慣の理解(これが足らないので日本語が話せても、外国人は日本人とうまく交流できていないことが多い)、日本人との交流、何かに所属して何かの役割を与えられること・・・。

「英語を使って、日本茶を海外へ宣伝するとかいうのもあるわよ」これは”日本の本物を知ってほしい”という私の思いに合致する。日本茶や日本酒など日本の文化を語るうえで欠かせないものを通して、本物の日本を伝えることができる。酒一つとっても、一汁三菜や素材のうまみや季節の移ろいを大切にする和食文化などが繋がってくる。

②誰でも気軽に話せるカウンセリングサービスをしたいの

彼女は4月から心理学のマスターを取りにいくとのこと。「マスターを取った後、どんなことをするんですか?」「カフェのような居心地のいい場所で、色んな種類のカウンセリングサービスをしたいのよ。クライエントが気軽に入ってこれて、気軽に話ができるような」「それは私がシンガポール生活でまさにほしかったものです!!」仕事が欲しければ人材派遣会社へ不眠になれば心療内科へ行った。しかし自分がシンガポールへ引っ越したことで負った孤独を解決できる場所はどこにもなかった。いつも誰かに話しを聞いてもらいたかった・・・。「分かるわよ、私もアメリカに住んだ時に同じことを感じたわ(彼女はアメリカに一時住んでいた)。新しい友達ができたとしても、元々いた友達や家族は遠く離れて、孤独だったわ」「ところでカウンセリングをするにあたって重要なことは何ですか」「アクティブリスニングよ。その人が発していることが、本当に正しいとは限らないから」なるほど。ちなみにストレス度数の高い仕事だけれど、どうやってストレスマネジメントするのかを聞いたら、カウンセラーのカウンセラーというのがいるらしい。そうですよね、そうでないと人の悩みを聞き続けるだけだったら頭がおかしくなってしまいそう・・・。

③それをSelf-acceptanceというのよ

私は最近急にシンガポールを散策するのを止めてしまったことを話した。去年や以前は毎日毎日外に出ては新しいものを探し、写真を撮り、ブログに書いた。しかし最近はもう外にあまりでなくなってしまった。そして楽しいシンガポール生活や自分の存在価値みたいなものを作るために、頑張って外に出て散策していたのだと気づいた。しかし存在価値はそもそも作らなければならないものなのか?私がシンガポールを散策しようがしまいが日本語教師やライターをしていなかったとしても、本質的に今の自分から変わらない。「それをSelf-acceptance(自己肯定)というのよ。そういう境地にたどり着けたのはいいことね」

一通り話し終えて、お礼を言った。「いつもアドバイスありがとうございました。あなたにこうして気軽に話ができなくなるのが、とても寂しいです」「Skypeで話せるわよ。それに日本とシンガポールだとそんなに遠くないわよ」「そうですね。これからも繋がっていてください」私は”シンガポール生活で話を聞いてもらえる人がいなかった”と思っていたが、きちんといたことに気付いた。彼女がこうして定期的に私の話を聞いては、アドバイスをくれていたではないか。そして彼女が目指す②気軽に話せるカウンセラーは、まさに私が日本でやってみたいことの一つだった。日本に住む外国人で文化の違いや孤独を感じる人に、異文化カウンセリングのようなことをできればいいなと思う。彼女が来る電車が来ていたので、彼女は慌てて乗り込んだ。「ありがとうございました!」「See you!」今回私はSee youとは言い返せなかった。

2016年11月のYour next stepで知り合ってからずっと、定期的に私の話を聞いてくださって本当にどうもありがとうございました。私はあなたと知り合うことができて、とても幸運でした。それに今日あなたも夢に向かって頑張っているのを見て、とても励まされました。ぜひその夢を実現させてくださいね。私も日本でがんばります!