シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

シンガポール人女子をおうちに招く

旦那が私のシンガポール人の友人に会ってみたいと言ったことと、よく会うシンガポール人女子が「なんでおうちに招いてくれないの?と思ってた」と言ったので、家に招くことにした。そして私はまた色々と文化の違いを知ることになる。

シンガポールには日本食屋が結構あるので、あまりレストランでは食べられないような家庭料理を作ることにした。ただし我々が好むような煮物や焼き魚などの純和食がどれだけ外国人においしいと思われるかが分からないため、こういった類のメニューは避けた。結果今回選んだのはサラダ、お好み焼き(関西出身なので)、唐揚げ(これはおいしい唐揚げ屋からテイクアウトした)、トマトのチーズ焼き、ミャンマービールとTiger beer (普通のやつとレモン風味のやつ)。サーモンの刺身を買っていたが、生ものをどれくらい食べるか分からないので出すのをやめた。実は外国人を家に招くことも日本食を振舞うことも初めてで、しかも旦那に会わせるというのがなんか余計に緊張する。(旦那はこの日の朝から緊張していた)おまけにこの日は彼女が来る直前まで中国語検定を受けていたため、頭が既にかなり疲れていた。

ある程度作ってあとは温めればいいだけにしておいて、彼女を最寄り駅まで迎えに行く。そしていつも通り15分くらい遅刻して到着した。Tシャツに短パンと、ちょっと近所のスーパーへ買い物へ行くようなめっちゃラフな服装。「元気ですか?」「朝ブキティマヒルを二往復もしたから、めっちゃ疲れてるー。お腹空いたわー。ご飯食べたい」え?ご飯って米のこと?お好み焼きを焼いたから、米は炊いてない!(帰ったら速攻炊こう)部屋に着き、ちょっとぎこちない感じで旦那とシンガポール人女子が挨拶をする。まず部屋を一通り見せ(なぜか私も人の家に呼ばれた時、みな部屋を案内してくれたので)、壁に貼ってあるやつは何だ?とか、その健康器具はどうやって使うんだ?などの質問に答え、また「お腹がすいた」とストレートに言われてご飯にすることにした。そこでたわいもない話をする。例えばお好み焼きはどうやって作るのかとか、日本だと一般的におうちに招かれたゲストは勝手にキッチンに入ると失礼になることとか、彼女が来月に行く旅行の話とか。「私の日本へ帰った後のチャレンジの一つは、英語と中国語を忘れないようにすることです」と言うと、彼女が「私に毎日メール打ってきて。英語と中国語で返してあげるわ」と言ってくれた。いつも親切だなぁ。そうこうしているとご飯が炊けて、炊飯器から音楽が流れた。すると彼女は「何?!今の音?」と驚いている。「炊飯器だよ。ご飯が炊けたらあぁやって鳴るんだよ。おうちの炊飯器は音鳴らないの?」と聞くと、炊きあがると蓋がバンッ!と勝手に開いて終わりらしい。それだといつ炊きあがったのかが分からないし、気づかないと米が乾燥すると思うのですが・・・。日本の米をおいしいおいしいと言って食べてもらえてよかった。

(あぁ、ちょっと写真がボケましたね)

f:id:Nisshi:20180325155133j:plain

持ってきてくれた赤ワインを飲みながら、シンガポールを去る前にもう一回飲みに行く日を決めてお開きとなった。私が駅まで一緒に行くよと言った後に、旦那も「僕も行くよ」と言うと2人とも速攻「いいから!」「NO!」と言ったのはおもしろかった。ちょっと女子トークをしたかったもんで(ごめんね)。

ここはシンガポールだし彼女は日本人ではないので、日本式などどうでもいいのだけれど一応私が感じた文化の違いを残す。(後に日本で外国人を家に招く時に役に立つかもしれない)。まず服装がかなりラフ。日本だと他人様の家へ行く時は、ある程度それなりの格好をしていくがそんなことはどうでもいい模様。あとキッチンに入るのが好きみたいでフラッと入ってきたこと(後から、そういえば日本だと失礼になるなと気づく)、”お腹が空いた!米を食べたい!”などのリクエストが明瞭で非常に分かりやすくてよいことだった。お好み焼きをどうやって作るのかと聞かれた時に、お腹が空いていなければ一緒に作っても良かったなと思った。もし自分が日本にいたらメニューを手巻き寿司か何かにして、好きな具を選んで自分で寿司を巻いて作ってもらったんだけれど(自分で作る方が多分楽しい)、いかんせんシンガポールでは本当に新鮮でおいしく色々な種類の海鮮を揃えるのが難しい。

彼女はよく食べてよく話してくれ、おかげで楽しい宴になった。次はぜひ日本のおうちに遊びに来てくださいね。手巻き寿司はもちろんのこと、居酒屋とか銭湯にも連れて行きますから。