シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

シンガポール生活を振り返る作業をする

自分のシンガポール生活を振り返ることにした。その目的は主にこれらだった。

①自分のシンガポール生活で、何が起こりその時自分がどう感じどう対応し、結果どうなったかを記録しておくことで、同じ境遇の人の大変さや辛さをいつまでも忘れずに理解できるため。

②あの時何があれば(どういうサポート)、苦痛をもっと和らげられたのかを知るため。

③日本へ本帰国してまた新しい生活を作る時に、自分にアドバイスするため。

(来星時。なぜ高島屋の前なんかで、写真をとったのか謎)

f:id:Nisshi:20180301204053j:plain

しかしこの作業は結構きつく、時間がかかりそう。なぜなら自分のその当時の辛かったたくさんの出来事を思い出さねばならず、涙なしにはできない作業なのだ・・・。しかしこれはどうしても自分に必要な作業のように思えた。

私のシンガポール生活には、三つのフェーズがあった。①コントロール不能期 ②人生の学びの時期 ③発展期。この前に「ゼロ」というフェーズがあり、それは日本の仕事を辞めてシンガポールへ行く決断をしてから引っ越すまでの時期だった。今日はフェーズゼロと①の振り返りでこと切れた・・・。

一つ疑問に思ったのは、これだった。私は『シンガポールに来る前に、もっとシンガポール生活の選択肢を今のように知っておけたらよかったのに』と思った。始めは私は会社員しか頭になかったのでそれをめがけてつっぱしったが、実はシンガポールで送ることができる生活にはいくつか選択肢がある。今回は詳しく書かないが、例えば今私がしているようにどの組織にも属さず、オンラインで日本語を教えながらローカルの学校で非常勤の日本語教師をし、Webライター等をして自由度の高い生活を送るというスタイルは全く頭になかった。もっとそういった選択肢を事前に知ることができていれば、『私は一体シンガポールでどうなるのだろう・・・』という類の不安は軽減できたのかもしれないし、既にある選択肢から選んで生活を開始させるのはある程度快適だと思う。(というか、私の事前のリサーチ不足か・・・)

(南インドケララの夕陽を浴びながらのハンモックは快適)

f:id:Nisshi:20180301205218j:plain

一方でこうも思った。『自分で悩んだり、探したり、見つけたり、失敗しながら自分のスタイルを築いていくことも重要なのではないか』恐らく人生の中で「どうしたらいいのか、わからなーい!!」ということは、今後もたくさんあるはず。既にあるものの中から選んでばかりいたら、自分で物を考えたりチャレンジしたり失敗して学んでいくということが身に付かない。もし自分が十分に用意されている選択肢の中から、始めから今の生活を選んでいたら、今の自分のように成長できただろうか。きっとできなかったように思う。

自分の日本語の生徒が日本に住むことになったとしても、私は恐らく事前に色々な情報を与えたり、この時はこういう風にするといい等といったことは求められない限り言わない。それは自分で自ら問題にぶち当たり、悩み、自分の力で解決していってほしいから。そういう強さを身につけて行ってほしいと思う。ただ情報もなく、一体どうしたらいいのかわからず、誰も頼る人がおらず「ひぃー!!!」となって身体的にも精神的にも健康を害しては絶対いけないので、バランスの問題だけれども。

 (多分一番ひー!!となったダージリン旅行。カンチェンジュンガ山の朝日は最高だった)

f:id:Nisshi:20180301205755j:plain時間をかけながらコツコツフェーズ②と③の振り返り、そして帰国後の自分へのアドバイスに取り組むとするか・・・。突飛なことをするのも、コツコツ何かに取り組むのも私の特技の一つですし。f:id:Nisshi:20180301205430j:plain