シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポール女子とマレーランチ

久々にシンガポール女子とランチへ行く。今回は私が前にNashi Lemakを食べに来たTangjong Pagerのマレー料理屋「The coconut club(http://www.thecoconutclub.sg/

)」で会うことにした。Nashi Lemak以外の物を食べようとしたら、ここは基本的にNashi Lemakしか出しておらず、それ以外に単品で追加するよう。「Sambal Lala食べたことある?」「??何、ララ?ないです」ということで、Nashi LemakにSambal Lala(Market priceで今日はSGD12だった)とOtak Otakを頼んだ。

Nashi Lemakはホーカーなどでも安く食べられるが、ここのは見栄えがいいしチキンが柔らかくて美味しい。じゃこもかりっとなっていて、ご飯に合う。Sambal Lalaはピリ辛のアサリ(にしては小さい)でOtak Otakは魚のすり身を平べったくしてピリ辛に仕上げた一品。どちらもそこまで辛すぎず、また量も女子二人でちょうどよかった。

f:id:Nisshi:20180203184228j:plain

店内は結構おしゃれで、非常に込み合っている。15時に一旦閉まる。

f:id:Nisshi:20180203184230j:plain

シンガポール女子が着ていた服がかわいかったので、どこで買ったの?と服の話から始まり、私の日本語教師の話、彼女の新しい副業(スーパーの抜き打ち監査とかベビーシッターとか色々やっているらしい)の話、私が日本に帰るかもしれないなどの話になった。「私が知り合う日本人は、みな三年くらいで日本に帰ってしまうわ」「そうですね。でもまた新しいのが来るでしょう(笑)」というと、こう言われたのが印象深かった。「日本人と友達になっても、何かを深く話すことが難しい」「それは我々の言語の問題でですか?」「うん、そう」何かすんません、と思った・・・。私もそのうちの一人です。語学力自体の問題もあるが、ストレートなやりとりが多い彼らとの付き合い方に慣れないと、多分言語以外でも意思の疎通が難しいのだろうなと思う。

「この後、どうしたい?」「じゃあ、コーヒーでも飲みながら何か甘いものをつまむのはどうですか?」「OK」こういうのも、初めは自分の希望をストレートに伝えるのに戸惑ったはず。『相手にこの後予定があったらどうしよう』とか『どこへ行ったらいいんだろう?』とか、『断ると悪いんじゃないか』とか。そしてうにゃうにゃっとして訳の分からない態度でいると、よくChinatownの占い師のTeoさんに「行きたいのか、行きたくないのか。YesかNoかどっちだ」と二択で迫られたものだった。

f:id:Nisshi:20180203184318j:plain

ブラブラしていると、Telok Ayer Streetにランタンがかわいいおしゃれな店を見つけて入ることにした。(名前がわからない・・・)お茶をするよりも、多分酒を飲むのによさそうな雰囲気だった。

f:id:Nisshi:20180203184341j:plain

ここは中国の昔の病院だったショップハウスを改装したよう。薬箱が店内に残っていて、そこに旧正月の飾り付けがされておりかわいい。

f:id:Nisshi:20180203184343j:plain

ここでお互い旅行好きなので、最近のお互いの旅の話をする。私は直近の南インドの旅をシェアし、彼女は4月に台湾に行こうとしているらしい。あと近所のおいしいバクテー屋さん「因縁」が東京にもオープンすることも伝えると「何?因縁?知らない、そこ」「じゃあ、今度連れて行きます」となった。日本に帰った後の話にもなり、彼女に「日本に帰ったら、シンガポールの何が恋しくなりそう?」と聞かれ、こう答えた。「シンガポール人です。あなたのようにシンガポール人はみな親切で、フレンドリーで、寛大です。私が何かの会合に行ってたった一人の外国人でも、みなさんシンガポール人と外国人を分けたりせず接してくれました」「そうね。みんなあなたに話しかけに来るでしょ?」「えぇ、そうでした。それに私が英語をスムーズに話せなくても、みなさんじっと待ってくれますし、言いたいことを理解しようとしてくれます」日本だと、どうしても日本人と外国人に分かれてしまう。日本人が英語を話さないというのもあるが、シンガポール人のように異なるものに対してあまり寛大ではないように見える。「ところであなたお酒飲む?今度夜にビールを飲みに行こう!とりあえず、来週その因縁というバクテー屋に連れて行って。またメールするわ」「めっちゃ飲みます。はい、ぜひ!じゃ、また~」と言って別れた。

だんだん色んな事が終わりに近づいているような気がした。当たり前のようにこうしてシンガポール人とランチをしたり、ショップハウスを改装したおしゃれな店で長話をしたりしてきたが、ふと今日『あぁ日本に帰ると、もうこういうことができなくなるんだ』と寂しくなった。日本からシンガポールに来た時も思ったが、今手にしている物や事の全てがあって当たり前ではなく、その時にしか手に入らない物であることに失ってから気づかされる。今の自分で言うと、シンガポール人の友達や日本語を教えている生徒さん、今この文章を書きながら眺めているシンガポールの景色や常夏の気候など、この2年半くらいで作り上げてきた生活や慣れ親しんできたもの全て・・・。

あと残り少ないシンガポール生活。可能な限りシンガポールの色々な所へ行き、可能な限り色んな人に会おうと思った。これは本当にシンガポールにいるうちにしかできないことだから。