シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

シンガポールで南インド的健康生活を試みる

年末年始南インドにいた時はお腹の調子がよかったのに、シンガポールに帰国するといつも通りお腹を壊しだした。(あと右目の下がピクピクする)これは明らかに食べる量が南インドにいた頃よりも多く、摂取カロリー自体も高くなっているからだと思われる。そしてシンガポールでは日常的に自然を感じておらず、ケララの自然やサンセットを見ていた時に『全てがどうでもいい』と感じたような頭が空っぽになる瞬間がない。そこで①質のいいものを少しだけ食べる②自然を感じる③リラックスするの三つをシンガポールでも満たせるような生活を試みることにした。

①質のいいものを少しだけ食べる

まず全然関係ないけど、ミャンマー旅行の情報取集のためにリトルミャンマー(Peninsula plaza)に行く。週末サクッとヤンゴンくらいに行こうと考えていたのだが、旅行代理店で扱っているプランは割と旅行期間が長いものが多いよう。『いつも通り自分で全部手配するか・・・』本当はこの後リトルインディアで南インド料理を食べようと思ったが、力尽きて地下にあるこぎれいなミャンマー料理をランチに食べてしまった。以前ここで何かの麺を食べた時はイマイチだったのだが、今日食べたチキンリゾット(ミャンマー語の別名があったが忘れた)は大変おいしかった。色々試さないと分からないものです。

f:id:Nisshi:20180116190308j:plain

f:id:Nisshi:20180116190310j:plain

これは八宝菜の中に小さめのお米が入っている感じで、とてもおいしい。日本人が好きな味だと思う。ミャンマー料理はインドと中華の影響を受けていると前に読んだが、これは中華なんだろうな。おいしいが、全部食べるとお腹がいっぱいになって①質のいいものを少しだけ食べるを実行できない・・・。4/5くらい食べて、中途半端に残す。

f:id:Nisshi:20180116190312j:plain

②自然を感じる

自然を感じようとBotanic gardenへ行こうとしていたが、食べすぎて腹が重いしCity hallから遠い。食べてすぐにあまり歩きすぎるのも消化を妨げそうでよくないので、向かいの教会を散歩させて頂くことにした。

f:id:Nisshi:20180116190830j:plain

f:id:Nisshi:20180116193126j:plain

(ステンドグラスが美しい)

f:id:Nisshi:20180116193131j:plain

教会の外にえらく人がたくさんいるので何だろうと思っていたら、みなこぞってポケモンGOをしていた・・・。見事に全員大人。

f:id:Nisshi:20180116190859j:plain

③リラックスする

アーユルヴェーダの先生にもヨガをしろと言われたので、ヨガにも行く。ポーズの完成度はさておき、運動が嫌いな私もヨガは気持ちいいので続けられる。

(レモン水にすると、水をたくさん飲みやすい)

f:id:Nisshi:20180116191114j:plain

しかし何かのポーズのままえらい長いことキープさせられる・・・。先生が誰かの指導を熱心にしている間、我々は放っておかれる。『早く次のポーズにいってくれ!!』後半で普通の人間にはできなさそうなポーズをなぜかブチ込んできたので、それは無視することにした。それでもヨガの最中はそのポーズをすること以外は考えられないので、南インドで感じた『全てがどうでもいい』瞬間(頭をからっぽにする)を作り出せたと思われる。毎日家で自分でできるといいんだろうなぁ。

果たしてこれでどれくらい南インド的生活に近づいたのか?!と一日を振り返ると、総じて意志が弱い・・・。南インドでしたアーユルベーダ生活のように誰かに管理されている訳ではなく自分で管理しなければならないので、どうしてもおいしいものや楽なことへの甘えが出てしまう。でも少しづつでいっか。一気に厳しくやると爆発して続かないし。