シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールのユニークな自販機 ~チリクラブ編~

チリクラブの自販機がPunngolにあるらしいので、さっそく行ってみることにした。しかし遠い・・・。Chinatownから1時間以上かかった。シンガポールの本当に上の端っこの方で、すぐそこはマレーシアだった。

そのチリクラブの自販機があるといわれているのは、3 Punggol Point Road。Punggol駅から84番のバスに乗り、Punngol promenadeで降りた。

f:id:Nisshi:20171218191758j:plain

ここでもサイクリングが楽しめるよう。しかもCony Islandへチャリや徒歩でいけるとのこと。Cony Islandはまだ行っていないシンガポールの島のうちの一つなので、今度旦那を連れてこよう。

f:id:Nisshi:20171218192043j:plain

すぐそこは海で、”World War II site”という看板がある。なんとなく申し訳ない気持ちになりながら、海を眺める。

f:id:Nisshi:20171218191831j:plain

(デッキの下の奥では釣りができるよう)

f:id:Nisshi:20171218191840j:plain

f:id:Nisshi:20171218191837j:plain

あまりキレイな海ではない。

f:id:Nisshi:20171218191846j:plain

さてチリクラブの自販機を探すか。

f:id:Nisshi:20171218191855j:plain

あるとしたら、ここしかないだろう。という場所を発見する。有名なチリクラブのレストランのよう。ただ月曜日の平日とあって、お客さんがほとんどいない。

f:id:Nisshi:20171218191900j:plain

「むむむ?!」自販機をひとつ発見したが、アイスクリーム。しかしネットで入手した情報によると、この場所にチリクラブの自販機が設置されていたはず!

f:id:Nisshi:20171218191859j:plain

(これがStraitstimesによる情報)

f:id:Nisshi:20171218192017j:plain

Source: www.straitstimes.com/lifestyle/food/chilli-crab-from-a-vending-machine

なくなったのだ・・・。Straitstimesの記事は今年1月付けなので、年内になくなったことになる。しかも記事によると、今年の3月までに100台のチリクラブ自販機をシンガポール内に設置する予定と書いてあるのに、そんなの見たことがない・・・。ちなみに自販機のチリクラブは1kgでSGD60らしく、レストランで食べるのと変わらない価格とのこと。『そりゃあ自販機もなくなるわな』と思う。誰がレストランと同じ価格を払って、自販機のカニを食べるのだろう。

あ、なんかチリクラブを久々に食べたくなってきた。

(これはブラックペッパーチリクラブ)

f:id:Nisshi:20171218193649j:plain