シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールのリーズナブルな町スパ5選を求めて

シンガポールでいいスパに行くと、恐ろしく高い。例えばセントーサにあるESPA。シンガポールに来たての頃、引っ越し疲れで癒しのために贅沢しようと思って行ったら、2時間くらいのマッサージでSGD450くらいした。(約36,000円)ジャグジーとか温水プールも使いたい放題だけれど、いくら何でも高すぎる・・・。その後その辺にある町スパへちょこちょこ行き、リーズナブルだけれどきれいで腕もまぁまぁいい所を探している。今回は新たに3軒の『まぁ、これやったら友達が来た時に連れていけるかな』というレベルのSPAを発見した。

①LE SPA(http://lespa.com.sg/

チェーン店でシンガポール内にいくつか店舗があるが、私はクラークキーの店舗へ行った。店内はタイやベトナムのようなアジア感のあるインテリアに、レモングラスの香りが漂うエキゾチックな雰囲気。個室になっており、ノスタルジックな音楽が流れていてよい。ただしいつも私が口うるさく言う顔をうずめる所は、ベッドに穴を掘っただけのもので長時間は耐えがたい。セラピストの腕はまずまずだった。『もうちょっと強くしてほしいんだけどなー』と思ったけれど、ちょっと強くしてというとすごく痛くなるので言わなかった。そういう繊細な調整が外国人はあまりできない。日本は食べ物でも何でもそうだけれど、マッサージも相対的にクオリティが高い。ちなみに60分のバリニーズマッサージを受けてSGD64.2(約5,200円)。セラピストに英語はあまり通じない。(中国語可)f:id:Nisshi:20171206212243j:plain

②Oriental Traditional Therapy(http://orientaltcm.com/en/

ここはSPAというよりも、中医学の知識を取り入れたマッサージ屋さん。しかし店内はきれいで、HPによると中医学の先生による脈診やコンサルテーションも受けられるよう。チョンバルとアレクサンドラロードにある。チョンバルの方で60分のボディマッサージを受けてSGD55(約4,400円)で、カッピングは無料だった。(ただしかなり吸引力が強く、2週間経ってもまだ痕が残ったまま・・・)結構強めのマッサージで腕はよく、雰囲気は気にしないからしっかりほぐしたい!という人にお勧め。ちなみに受付のお姉さんとセラピスト共に英語がほとんど通じない。セラピストのお姉さんは中国人で、中国語の練習ができます。

f:id:Nisshi:20171206212253j:plain

③Natureland(http://www.natureland.com.sg/

ここはまぁまぁリーズナブルだけれど店内のインテリアが洗練されており、ちょっとしたラグジュアリーさがあった。シンガポール内にいくつか店舗があり、サマセットの店舗へ行ったが買い物の最後にちょっと寄って疲れを取るのに便利かもしれない。60分のマッサージを受けて、SGD66.34(約5,300円)。セラピストの腕はいいのだけれど、やはり顔をうずめる部分がベッドに穴を掘っただけでありしんどい。この価格帯だとどうしてもこうなってしまう。受付もセラピストも英語が割と通じる。

f:id:Nisshi:20171206212314j:plain

5選するとすれば、残りの2選は以前に行ったこの2軒。

④Nimble/Knead

nisshi.hatenadiary.com

⑤Healing touch

nisshi.hatenadiary.com

スパでマッサージを受けている時にいつも『スパの査察官の仕事とかないかな~』と思う。私はスパが好きすぎて、アロマテラピースクールに通ってアロマテラピーの理論や実技、接客やコンサルテーションの仕方などを学んだり、カンボジアで開業するとあるスパのマーケティング戦略を考える活動に参加したり、インドのアーユルベーダ学校へ行って理論と実技を学ぶなど、ちょっとしたスパのオタクと化している。そして私のスパに求めるレベルはかなり高く、スパに行くと普通の人がひくほどめちゃくちゃ細かく色んな所をチェックしている。日本に帰ったらいつかやってみたいことの一つに追加しよう。”何の文句のつけようもない世界一のスパを作る”