シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールにいるうちにしようと思う3つのこと

シンガポールにいられる時間が刻々と短くなっているので、ここで他の人のために自分ができることを最大限することにした。

今年の始め頃に、時々のぞかせて頂いていたシンガポールに住まれていた方のブログを見に行ったところ、日本へ本帰国されていたことを知った。ついでにシンガポールから本帰国する時の気持ちはどんなものなのかもっと調べていたら、”もっと色んなことをしておけばよかった”と後悔されている記述が見つかった。この時私も自分のシンガポール生活が有限であることを意識し『もしあと一年しかいないとしたら、どう過ごしたいか』を前提に今年を過ごした。日本語教師になったり、ライターになったり、色んな国を旅したり(ネパール、マレーシア、インド、タイ、台湾、中国、そして年末に南インドへ行く)、中国語を学んだり(あと胃腸炎になって内視鏡検査も受けたな・・・)。

(一番の旅のハイライトは、やはり中国茶の旅)

f:id:Nisshi:20171127225857j:plain

あと自分にできることと言えば、この三つくらいしかない。①日本語をより多くの外国人に教えること、②シンガポールのことを発信して一人でも『シンガポールに行ってみたいなぁ』と思う人が増えること、③シンガポールに来てからの自分の経験(アジア新興国の女子一人旅とか、どのように今の生活を作ってきたかとか)をシェアし、それが他の人の何かに役に立てばいいなと思う。

(これはタイガーバームガーデン)

f:id:Nisshi:20171127230113j:plain

私がシンガポールに来た当初は、③を誰かから聞きたかった。というよりも誰かに色々話したかった。いちから新しい生活を作ることの大変さ、キャリアを始め今まで日本で手にしていたものが海外移住によって失われたことのくやしさ、異国生活の孤独みたいなものを、その苦労が分かる人に聞いてもらい共感してほしかった。(状況を打開するための具体的なアドバイスなんて、実はいらない)人間は基本的に誰かに話を聞いてもらいたいと思う生き物だし、自分の状況に理解を示してもらえるだけで精神的にだいぶ違う。

自分が当時そうしてもらいたかったことを、次自分が誰かにできれば最後シンガポールを去る時に『もうやり残したことはない!』と言って、すっきりして日本に帰れるのかもしれない。