シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポール限定?忍者バーガーを食べる

マクドで忍者バーガーというのを発見したので『どの辺が忍者なわけ?』と思い、食べてみることにした。ちなみに侍バーガーは、忍者バーガーを食べた後にその存在に気づき『ちっ、忍者より侍にすればよかった』と思った。ハンバーガーの味の問題ではなく、存在感的に。

f:id:Nisshi:20171107094807j:plain

まず黒いバンズが忍者っぽいのだろうか。ところでシンガポールのマクドのポテトは塩がかかっておらず、自分でかけるタイプ。多分色んな人種がおり好みもそれぞれで、日本のように味を統一できないのだと思われる。あとフィレオフィッシュを前に食べたらタルタルソースがかかっていなかった。フィレオフィッシュはあのタルタルソースがないと、味がなくて食べられない。アメリカはタルタルソースはかかっていたはず。私が食べた時にたまたまかけ忘れられたのか(そんなことがあるのだろうか)、それともシンガポールではタルタルソースなしが標準なのか・・・。違う店で今度試してみたい。f:id:Nisshi:20171107094809j:plain

中身は酢豚にかかってそうな甘辛いたれがカリッとあがったチキンにかかっており、なかなかおいしい。しかし少しピリ辛。あとはきゅうりと千切りのキャベツなどが入っているが、どの辺が忍者なのかは不明。ちなみにこのセットでSGD8(約650円)くらいした。

シンガポールはホーカーにいけば安くご飯が食べられるので、あまりマクドを日本ほど見かけない。シティエリアから離れたホーカーだと、チキンライスがSGD2というところもあった。しかし日本で生活していると、割と自分の食生活にマクドは欠かせない存在になっていたような気がする。月見バーガーやグラコロなどの季節ものは毎年食べていたし(あぁ、グラコロが恋しい)、仕事などでストレスが最高潮に達したらダブルチーズバーガー、ポテト、コーラのセットを一気に食べてストレスを解消したりしていた。シンガポールに来てからは、マクドへ数えるほどしか行っていない。

ちなみにNasi Lemakバーガーというのが、朝ごはんのメニューにあった。Nasi Lemakはマレー料理でその味をハンバーガーで再現しているというもの。ちょっとこれも食べてみたい。

f:id:Nisshi:20171107102628p:plain

Source: “NASI LEMAK” BURGER IS BACK! - McDonald's®

(これがNasi Lemak)

f:id:Nisshi:20171107102426j:plain

Source: Midnight nasi lemak