シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

Botanic gardenを歩いて無になる

日本語のグループレッスンで撃沈した。うまくいかない時は色んなハプニングが重なるらしく、授業の始めにコケてから最後まで流れを立て直すことができなかった・・・。そして”楽しく学ぶ”ということにとらわれすぎて、訳の分からないゲームなんかしたもんだから混乱を招き、かえって授業の満足度が下がった気がする。今回私が気づいたのは、他言語を学ぶ楽しさはゲームなどの取り組み形式ではなく、他言語を話せるようになっていくプロセスであること。そして人の授業やアイデアを参考にするのはいいが、自分らしい授業をする方がいいんじゃないかということだった。人の授業をコピーしてもうまくいかない。そんな授業だったにも関わらず、帰り際にみな「また来週~」と言って帰って行ってくれるところが『私は寛大な生徒に恵まれてありがたい・・・次はがんばろう』と申し訳なく思ったのだった・・・。

しかし頭から失敗が離れなくなってしまったので、ボタニックガーデンを歩きに歩いて何かを自動的に考えられなくすることにした。今回はまだ行っていない蘭コーナーへ行く。

(入場料はSGD5)

f:id:Nisshi:20171104155751j:plain

私は2006年にタイへ行った時、紫の洋蘭を見て大好きになり、その後も日本で同じ花を部屋に飾り続け、シンガポールでもそうしている。その蘭達がここにはたくさんあり目にいいのと、庭を歩いている間は南国特有のセミや鳥の鳴き声しかせず、暑い中歩くのは結構疲れるので無になることができた。

(この花。この紫具合といい白と紫のグラデーション具合といい、本当に美しい)

f:id:Nisshi:20171104162155j:plain

まず中に入ると、色んな蘭が植えられている噴水(?)が目に付く。

f:id:Nisshi:20171104155828j:plain

園内には至る所に、色々な蘭が植えられている。

f:id:Nisshi:20171104155902j:plainf:id:Nisshi:20171104155940j:plain

緑の多い所をひたすら歩く。

f:id:Nisshi:20171104160046j:plain

f:id:Nisshi:20171104160202j:plain

f:id:Nisshi:20171104160123j:plain

高級そうな蘭の特別コーナーがある。

f:id:Nisshi:20171104163427j:plain

そして勝手に私の蘭のお気に入りランキングを作る。

第一位:やはり濃い紫の蘭。ゴージャス。

f:id:Nisshi:20171104162155j:plain

第二位:ちょっと優しい紫の洋蘭

f:id:Nisshi:20171104164107j:plain

第三位:爽やかな黄色い蘭

f:id:Nisshi:20171104162849j:plain

第四位:違うタイプの花びらの紫の蘭

f:id:Nisshi:20171104162632j:plain

第五位:白色にほんのりピンクがかわいい蘭

f:id:Nisshi:20171104162811j:plain

その他にも色んな蘭があった。

f:id:Nisshi:20171104162935j:plain

f:id:Nisshi:20171104162605j:plain

f:id:Nisshi:20171104162747j:plain

f:id:Nisshi:20171104164946j:plain

f:id:Nisshi:20171104163003j:plain

f:id:Nisshi:20171104162656j:plain

???(花?草?)

f:id:Nisshi:20171104164805j:plain

街中では聞かない音を聞き汗をかきながらせっせと歩いていたら、うにゃうにゃ考えていたことが頭から離れた。ベンチに座って陽が落ちるのを見ながら『またうにうにしたら、ここに来よう』と思った。

f:id:Nisshi:20171104165238j:plain