シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

バクテー巡り ~Hokkien Street Bak Kut Teh編~

バクテーは主に3種類に分かれるそうで、スープがコショウベースの薄味がTeochewスタイル、ハーブと醤油濃い目がHokkienスタイル、ハーブがより多めがCantoneseスタイルらしい。シンガポールはコショウベースの薄味のバクテーが多いらしいのだけれど、今回は濃い目のHokkienスタイルを食べることにした。

Chinatown駅のE出口を出て、Upper Hokkien StreetにあるHong Lim Market & Food Centreを目指す。

f:id:Nisshi:20171022104640j:plain

(この531Aが右手に見えたら右に曲がり、奥の方に進むとフードセンターが見えて来る)

f:id:Nisshi:20171022104744j:plain

こちらが濃い目スープのバクテーを出しているお店。フードコートの看板が見えたら、この赤い看板も奥にのぞくので見つけやすい。今回は4ドルの小さいものと白ご飯を頼んだ。

f:id:Nisshi:20171022104916j:plain

ハーブの味はそんなにせず、醤油が効いていてこれはこれでおいしい。しかし日本の豚の角煮よりは醤油は薄い。味が濃いのでご飯によく合う。なんか生姜の千切りとかが入っていてほしい。

f:id:Nisshi:20171022104941j:plain

ご飯と肉。この組み合わせを私はデブセットと呼んでいる。見事なデブセットに加えて、これでは足らないので自分ちの最寄り駅へ戻り、近所のホーカーでいつも食べるアンマンとミルクティーを食すことにした。

中国語で注文すると発音が悪いのか「ハァーンッ?!」とよく聞き返されるので、英語で注文したら同じように「ハァーンッ?!」と言われた。『お宅が作ったメニュー表通りに英語を読んどんじゃ!!』と思いながら、私の方に向ていたメニューをおばちゃんの方にくるっと向けて指をさし「この一番ください!!」とでかい声で言い、やっとこさ甘いものにありつけたのだった。

(若い娘が惹かれる魚?これはどんな食べ物なのだろう・・・気になる)

f:id:Nisshi:20171022105918j:plain