シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールのビール。Tiger beer factory tourへ行く

おいしいビールを飲みたくて、Tiger beer工場のツアーに参加することにした。この工場はシンガポールのものすごーく西の方にあり、セントラルエリアからはタクシーで30分弱くらいかかる。ツアーは火曜日から土曜日のみ。Webから事前に予約が必要で、入場料は一人SGD20。

tigerbrewerytour.com.sg

工場はこんな感じ。

f:id:Nisshi:20170923221637j:plain

まずこの建物に入る。

f:id:Nisshi:20170923222748j:plain

(ロビーで記念撮影)

f:id:Nisshi:20170923221736j:plain

スタッフに写真付きのIDを渡し、予約番号を知らせて入館カードを受け取る。酒が飲めないのに連れて来られた旦那は、すごくやる気がなさそう。

f:id:Nisshi:20170923221947j:plain

まずはTiger beerの歴史に関するビデオを見る。この工場は1932年に今はIKEAがある辺りに当初は作られたらしい。始めはハイネケンブランドでビールを売ろうとしていたらしいが、工場のあたりに虎がその昔出たことからブランドをTiger beerに変更したそうな。

f:id:Nisshi:20170923221951j:plain

(昔のビール瓶や受賞した賞のトロフィーなどが飾ってある)

f:id:Nisshi:20170923221958j:plain

ここから工場見学が始まる。ビールの原料の話や、工場は24時間稼働だったり、70,000本/時のスピードでビールが充填されていたり、工場の天井にはソーラーパネルがついており電気を節約しているなどを説明されるが、正直ビールの製造に関する専門的な英単語を知らないため、私は右から左になった。

f:id:Nisshi:20170923222017j:plain

f:id:Nisshi:20170923222026j:plain

(ここでスタッフがおいしいビールの入れ方をレクチャーする)

f:id:Nisshi:20170923222038j:plain

(他の人もやってみる)

f:id:Nisshi:20170923222042j:plain

工場内は写真撮影がNGで、展示室にいくらかの製造機器が展示されてある。

f:id:Nisshi:20170923222054j:plain

f:id:Nisshi:20170923222101j:plain

f:id:Nisshi:20170923222104j:plain

f:id:Nisshi:20170923222110j:plain

(これは流れて来るビールの中で汚い瓶を手でよけるゲーム。大人ばかりなのに、なぜかみな楽しそうにやっていた)

f:id:Nisshi:20170923222113j:plain

このツアーで一番楽しいのは、最後の試飲だった。工場の一角にバーがあり、普通のジョッキ一杯と、小さなグラスで決まった時間まで試飲させてもらえる。17-18時までがFactory tour、18時半まで自由に試飲することができる。

f:id:Nisshi:20170923222325j:plain

f:id:Nisshi:20170923222122j:plain

ここは本当にどこかのイケてるバーのような感じだった。

f:id:Nisshi:20170923222414j:plain

まず一杯目に普通のTiger beerを飲む。我々は自宅から柿ピーを持参。

f:id:Nisshi:20170923222133j:plain

(こういうノリのいいお兄さんがビールを入れてくれる)

f:id:Nisshi:20170923222130j:plain

次に小さなグラスで、Tiger beer whiteを飲む。Tiger beer自体が薄味のビールなので、さらに薄味のwhiteは残念ながら私の口には合わなかった。ちょっとカルピスの氷が解けて、味が薄くなったそんな感じだった。

f:id:Nisshi:20170923222148j:plain

このTiger beer blackは味が濃くて、なかなかおいしかった。ギネスの黒ビールほど濃くなくて飲みやすい。

f:id:Nisshi:20170923222153j:plain

ふっと横を見たら、シンガポール人のお姉ちゃんの顔が真っ赤になっていた。こんなちょっとで赤くなるなんて、可愛らしいなぁ。と思っていたら、旦那の顔はもっと真っ赤っかになっていた。ビール一杯しか飲んでませんが・・・。

f:id:Nisshi:20170923222233j:plain

Tiger beer工場の社員の方も仕事終わりに飲みに来られており、ビール片手にフレンドリーに話しかけてくれる。このヨーロッピアンのおじちゃんはドイツ人で、大阪に以前住まれていたらしい。日本人だというと「どこか日本人が集まるバーとか店とかありませんか?私の日本語は全然下手くそですが、どなたかとお話しできればと思うのですが・・・」うーん。日本人が集まる店はよく分からないし、集まっていたとしても日本人同士で集まっているだろうから、いきなり見知らぬドイツ人が話しかけると普通日本人がどういう反応をするのかちょっとわからない。ちょっと回答に困ってしまった。それでもこうして気軽に酒を飲みながら、誰かとお話しできるのは楽しかった。日本にいると酒を飲みながら誰かと話す機会が多かったが、シンガポールに来てからはめっきり減ってしまったので、もっとそういう機会を増やしたいなぁと今日はちょっと思った。

f:id:Nisshi:20170923222202j:plain

ちなみにこのツアーの最後に、小瓶のTiger beerとハイネケンの小ぶりのかわいいグラスがもらえます。酒が飲めない旦那も「いやぁ、結構楽しかったよー」と言っていたのには、ホッとした。

難点なのは、帰りのタクシーがなかなか捕まらないことでした。