シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールでチベット料理”Thukpa”を探して

家でインドやネパールで食べたチベッタンヌードルのトゥクパもどきを、適当に作っていたが何かが違う。(適当に作ったら、そらそうなるわな)本物に近いものを食べたくなり、Little Indiaへ食べに行くことにした。よく行くネパール料理屋Everest kitchenにもトゥクパはあったが、スープがカレー味で私が今まで食べて来たものとちょっと違う。今回はトゥクパがあるインド料理屋で試してみる。

ここはLittle India駅のE出口を出て右に歩き、横断歩道を渡るとすぐ右側にある店で、前に通りかかった時にチベッタンヌードルの写真が貼ってあったので覚えていた。

www.fifthseason.com.sg

f:id:Nisshi:20170915212103j:plain

店内は小綺麗で、インド人しかいない。「トゥクパはありますか?」「あります。スープと麺がありますが」「(スープってなんだ?)麺でお願いします。辛いですか?」「マイルドに作りますよ」多分それでも辛そうなので、リンゴジュースも頼む。注文はiPadからで、メニューの写真を見ているとインド料理というよりは中華に近い。壁にはインド、中華、チベット料理のFusionと書いてあった。なるほど。モンゴル料理もあるようで、今度旦那を連れて食べに来よう。

f:id:Nisshi:20170915212107j:plain

トゥクパが出てきたが・・・小さい。器がスープサイズで、どう考えてもこれでは足らない。味はやはり辛めで、スープが濃かった。本場のトゥクパも食べる地域によって味が違うのかもしれないが、いつも北インドやネパールで食べていたのはもう少しスープの味が薄く軽めの食べ物だった。とりあえず中に入っている具は同じようなので、それだけ覚える。

f:id:Nisshi:20170915212109j:plain

(こういうのを求めている)

f:id:Nisshi:20170915214339j:plain

ここのモモは5個と一人でも食べきれるサイズで、チキンのモモを注文する。皮が薄くて私の好きなタイプだが、中のチキンの味がちょっとしない。もうちょっとチキン自体に甘味があると、ダージリンの宿へ向かう前の休憩所で食べたおいしいモモにすごく似ていた。

(このソースはトマトベースで、ピリ辛)

f:id:Nisshi:20170915212112j:plain

中国語クラスのチベット人が、「シンガポールの店で出しているチベット料理は好きじゃない」と言っていたのが分かる気がした。店数の多い日本食でさえも、物によっては『これは日本食ではない』と思う時がある。それでも何かが違うチベット料理を食べながら、チベット料理を食べたラダック、マナリ、ダージリンなどを思い出せるのは幸せだった。特にダージリンでガイドをしてくれたブペンさんのことを思い出す。ダージリンのネパール系住民と政府軍の衝突のニュースを見た後、心配になってメッセージを送ったが既読にならず音信不通のまま。一体今頃どうしているのだろう・・・。

トゥクパのレシピを調べていたら、やはり種類があるよう。このラダック式トゥクパが私が好きなものに近そうなので、今度自分の舌を納得させられるようなものをレシピ通りに作ってみよう。旅に出る前も、旅の道中も、旅から帰った後も色々な楽しみがあり、旅って本当にいいなぁといつも思う。

food.ndtv.com