シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

    

9/2(土)台湾で狂ったように茶を飲み、食べまくる

ろくに動かずに飲み食いしかしていないので、朝起きてもお腹が空かない・・・。それに少しは中華系の建物の観光地を見ておくことにした。『シンガポールにもあるようなやつでしょ?』と舐めていたら、規模が違った。とても広い敷地に大きく建てられている。大変申し訳ございませんでした。

ここは中華民国の政治家・軍人だった蒋介石氏のお墓で、中華民国の統一をはたし最高指導者となるも、毛沢東に敗れて台湾に移り住んだらしい。

f:id:Nisshi:20170904121819j:plain

f:id:Nisshi:20170904121858j:plain

f:id:Nisshi:20170904121919j:plain

中国本土への起死回生を願ってか、このブロンズ像が見ている方向は中国本土だそうな。

f:id:Nisshi:20170904121946j:plain

f:id:Nisshi:20170904122005j:plain

ここから千と千尋の神隠しのモデルになったと言われている九份へ行くことにした。タクシーの運ちゃんに行ってくれるか聞いてみる。「我要去这里(ここに行きたい)」「△□〇※☆!!」手を振りながら、何か行けないというようなことを言っている。旦那が言う。「多分遠すぎるんだよ」「え?そうなの?遠いは中国語で何て言うの?」「知らない」知らんのんかいな・・・。また次のタクシーにも断られ、次のタクシーでようやく行ってくれることになった。旦那が値段を確認すると、なぜか「1000えん」と日本語で言われた。1000元のこと?

この日一番面白かったのは、この車内だった。目的地まで1時間くらいかかるので、『中国語を練習するか』と思い、小さな声でブツブツ「今天几月几号(今日は何月何日)?」と言ったら、運転手さんが「9月2日だよ!」と丁寧に答えてくれてびっくりした(笑)すごくスローに言ったので、多分日本語だと「きよぅわ、なんがつなんにちぃ~?」のようになっていたに違いない。台湾人はなんて優しいんだろう。その後もタクシーや九份の発音を教えてくれた。調子に乗って、知っている限りの中国語を組み立ててみた。「計程車在哪里?(タクシーはどこにいますか)」すると「不(正しくない)」と切り捨てられた。すみませんでした。

九份は台北市内から東に行き、山をぐんぐん上に登ったところにあった。狭いエリアに食べ物屋さんなどのたくさんの店が並んでいる。そして我々はまた食べて茶を飲む。

f:id:Nisshi:20170904125347j:plain

f:id:Nisshi:20170904125836j:plain

f:id:Nisshi:20170904125550j:plain

f:id:Nisshi:20170904125557j:plain

f:id:Nisshi:20170904130138j:plain

f:id:Nisshi:20170904125627j:plain

f:id:Nisshi:20170904125638j:plain

ちなみにここが、その千と千尋の神隠しのモデルになった風景らしい。夜に来た方が明かりが灯って、もっと雰囲気が出ているみたいです。

f:id:Nisshi:20170904125928j:plain

夜は市場でまた飲み食いをする。

f:id:Nisshi:20170904130327j:plain

バーナーで雑に肉を焼いている。

f:id:Nisshi:20170904132014j:plain

「あ!エビ釣りやってる!これはやらないと」という旦那をスルーして、前に進む。

f:id:Nisshi:20170904130355j:plain

地下にはおいしそうな食堂がたくさんあり、活気がすごい。

f:id:Nisshi:20170904130413j:plain

f:id:Nisshi:20170904130421j:plain

f:id:Nisshi:20170904130431j:plain

小さなカニを揚げたものがあり、これはビールによくあっておいしいかった。

f:id:Nisshi:20170904130755j:plain

ホタテを頼んだら想像とかなり違った。私はもう少し肉厚なオレンジの部分がついたホタテを期待していた。これはホタテと書いているが、本当は何か違う貝なんじゃないか?さらにシシャモのフライも食べようとしたら、旦那に怪訝そうな顔で「シシャモだよ?!」と言われ、『シシャモの何が悪いのだろう?』と思ったものの食べるのを止めた。今思えば食べておけばよかった。

f:id:Nisshi:20170904130757j:plain

お腹も膨れたし雨がまた強くなってきたので、そろそろ帰ることにした。そしてやはりお茶を買い、部屋でデザートに茶菓子と頂く。お茶天国の台湾は、茶菓子もとてもおいしい。ほとんど食べるか飲むかしかしない1日だった。

f:id:Nisshi:20170904130459j:plain