シンガポールにいるうちに🌴

2015年8月~2018年4月 大好きな東南アジア生活の記録

シンガポールから日本へ帰ったらしたいこと

どうしてもおいしいオムライスが食べたくなり、前にグラタンを食べたくなって行ったMA MAISONという日本の洋食屋にいくことにした。

www.ma-maison.sg

『自分で作れよ』と思うのだけれど、雑な私はおいしいオムライスを作ることができない・・・。卵がふんわりした見た目も美しいオムライスが出てきて、ニヤッとする。そして一口食べてすぐに『あぁ、日本の味だ』とホッとした。日本食を外で食べていると、『日本の生活に戻ったら、たらふくおいしい日本食を食べるぞ!』といつも思う。しかしここがシンガポールでよかった。全ての食べたい日本食を網羅しているわけではないが、日本食屋がたくさんあるし、こうして自分で作ると変になるものは外で食べることができる。それにシンガポールのローカルフードもおいしく、アジアはお米を食べられるのがいい。アメリカの生活は楽しかったが食べ物が口に合わず、『ここには長くは住めん・・・』と思った。

シャトレーゼでスイーツも購入。思わず三つも買って、うち二つを一気に食べてしまった。多分もう一個もすぐになくなる。

f:id:Nisshi:20170825202414j:plain

ここで日本の生活に戻ることになったら、何をしたいか考えてみる。

・温泉でゆっくりする

・香川に本物の讃岐うどんを食べに行く

・丹波屋の和菓子を片っ端から食べる

・田舎でのんびりする

・色んな郷土料理を食べる

・マクドの月見バーガーとグラコロを食べる

・今までスルーしていた年中行事大切にする(節分、ひな祭り、七夕、お月見など)

・日本酒の酒蔵を周る

・スーパー銭湯で垢すり(シンガポールで垢すりが見つからない)

・浴衣を着て夏祭りに行く、そして線香花火をする

・桜と紅葉を見る 

・車を運転する など

どれもシンガポールに来る前は普通にしていたか、できるのにしなかったことだった。そしてそれをできるからといって、『幸せ!』などと思わなかった。週末ちょっと車を走らせれば温泉にでも田舎にでも香川までうどんを食べに行くこともできた。マクドの戦略通り、季節限定のハンバーガーをまんまと食べていた。節分、ひな祭り、七夕、お月見などは、大人になると存在を無視していた。が、これらは日本にいるからできることであり、またこういった何気ないことが、実は自分の生活を楽しくしてくれるものだと今は分かる。

日本の外に住んでいることで、中にいた頃には気づかなかったいい所にたくさん気づくことができる。一方、日本にはないシンガポールの良さにも気づくことができる。日本に帰って間もない頃はこうした感覚を持っていられるのだろうけど、時間が経って慣れてしまうと、今感じているようなことを感じられなくなるのかもしれない。それはとても残念に思う。それに異国で知り合いのいなかった寂しさや、文化や習慣の違いに適用するまでの苦労、新しい土地で新しい生活を作っていくことの大変さなども、たとえ自分がそのフェーズを脱したとしても、ずっとずっと忘れないようにしたい。同じ境遇の人に出会った時に大したことはできなくても、少なくとも深く共感することだけはできるから。

f:id:Nisshi:20170825203902j:plain