シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

バクテー巡り ~Outram Ya Hua Bak Kut Teh編~

シンガポールで食べるべきバクテー屋さん15軒というサイトを見つけて、さっそくそのうちの一つOutram Ya Hua Bak Kut Teh(Ya Hua Bak Kut Teh)へ行くことにした。

sethlui.com

PSA Tanjong Pager Complexの1階にあり、他の店がほとんど閉まっていたので、もしやここも閉まっているのでは・・・と思ったら、奥の方で開いていた。しかもすごく流行っている。

f:id:Nisshi:20170805214354j:plain

「バクテー一つじゃ足らんくない?二つ頼もう」と私。「う、うん・・・」と旦那。我々はスペアリブのバクテー、ノーマルのバクテー、空心菜のスープ、ご飯とバクテーのスープに浸して食べるパンを注文した。

f:id:Nisshi:20170805214400j:plain

前にバクテーを食べながら小さな茶器でお茶を飲んでいる人がいたので、それも頼む。茶葉はよく分からないが、”甘茶”と書かれたものを頼んでみた。

f:id:Nisshi:20170805214401j:plain

注文して数分で料理が運ばれてくる。一皿一皿が少し小さめで、色んな種類を食べられていいと思う。

f:id:Nisshi:20170805214407j:plain

こないだ中国茶のティーテイスティングでおじちゃんが教えてくれたように、ここでもお姉さんがきちんとお茶の入れ方を守っている。急須とティーカップを湯で温めてくれ、急須に入れた始めの湯はきちんと捨てていた。(ティーカップの扱いはかなり雑でしたが・・・)これで二人分でSGD4は安いと思う。

f:id:Nisshi:20170805214420j:plain

f:id:Nisshi:20170805214423j:plain

(お茶は蓋の空いた急須に移し替えて、ティーカップに注いで飲む)

f:id:Nisshi:20170805214427j:plain

ここのバクテーはコショウがきいていておいしい!空心菜のスープは優しい味がする。そしてこのお茶がおいしくて驚いた。プーアル茶だと思うのだけど、飲んだ後になぜか甘みが残る。バクテーのコショウが割とピリッとするので、甘めのお茶がよくあった。「もう肉食べへんの?」「食べて食べて。僕は肉よりスープがいいから」肉よりスープがいい?!そんなことがあるのだろうか。今日はしっかり肉を食べれて、満足だった。お腹の調子を整えるために、お茶をたくさん飲む。(温かいものを飲みながら食事をすると、お腹がグルグルッとならないことに気づいた)

旦那が別のテーブルの大家族の食卓を覗いている。「あそこは一人につき肉は一個で、みんなラーメンを食べてるよ」「ラーメン?注文したら?」「すみませーん。この麺ください」肉よりスープの人も、麺は食べるらしい。

これがMee suaと書かれた麺で、バクテーのスープにそうめんをぶち込んだ感じだった。薄味で麺がそうめんなので、軽くてしめにちょうどよかった。

f:id:Nisshi:20170805214428j:plain

「このシンガポールで食べるべきバクテーの店15軒を全部周ろう!!」「え?!明日?」違うがな。一日ではさすがに無理です。しかし、おいしいものを食べられるのは本当に幸せ。意識せずに当たり前にしていたことだけれど、胃腸がやられて初めて、好きなものを好きなだけ食べられることの幸せに改めて感謝したのだった。

f:id:Nisshi:20170805214433j:plain