シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

オーガニックフードのMahota kitchenで重箱をつつく

シンガポール女子がFacebookでシェアしていたMahota kitchenへオーガニックフードを食べに行くことにした。ラベンダー駅から徒歩1分にあるKitchen Complexの3階にある。

www.mahota.sg

f:id:Nisshi:20170803165952j:plain

色んなおかずがはいったプレートっぽいものを注文すると、重箱のような入れ物に入って出てきた。特に美味しかったのは、右上の黒いキノコの揚げ物(?)、その左横のよく分からないレバー風の食べ物、真ん中の人参の酸味がきいたもの、左下の海藻だった。おいしいのだけれど味付けが似たようなものが割と入っており、あとちょっと高い・・・。この重箱だけでSGD22.80++だった。(パンとかご飯はついていない)ランチセットが確かSGD25くらいであったので、それを頼むとサラダやパスタなどがついてもっとリーズナブルだと思う。あとここはスペースが広く、ナチュラル素材のインテリアに観葉植物が落ち着く。ランチをしながら、のんびりお喋りするのにいいかもしれない。(当然ながら寒いですが・・・)

f:id:Nisshi:20170803165957j:plain

このフロアは全部Mahotaが占めているようで、スパイスや野菜のディスプレイがあったり、小さな観葉植物やワイン、ちょっとした食べ物なども売っていた。毎週土曜日の14-18時にワインのテイスティングをしているようなので、今度来てみよう。

f:id:Nisshi:20170803170005j:plain

f:id:Nisshi:20170803170006j:plain

f:id:Nisshi:20170803170008j:plain

店を出て駅に向かう途中にハーブ系の飲み物を売るお茶屋があり、思わず立ち止まってしまった。しかしお腹がいっぱいなので、これも次に試すことにした。

f:id:Nisshi:20170803170010j:plain

リトルミャンマーでいつものお花を買い、MRTに乗っていると珍しく電車の中でちょっとしたいさかいに出くわす。何人か分からないが(多分シンガポール人じゃない)、ある男性が若い兄ちゃんに何か文句を言いだした。多分「お前、俺を押しただろう!」とかいう低レベルないちゃもんだったと思う。言われている方のお兄ちゃん(多分インド系シンガポール人)は言われっぱなしで、口論にはなっていなかった。そして文句を言っていた男性が違う車両にずかずか歩いていき、終わったかと思いきや戻ってきて、また何かを言っている。日本だとみんな見て見ぬふりをするだろうが、ここはシンガポール。それを見ていた近くのおばちゃん数人が「あんたが間違ってるよ!〇□△※☆!!」と男性を叱り、若者の援護射撃をし出した。とうとう文句を言っていた男性が、何か捨て台詞のようなものを吐いて電車を降りて行った。うーん、何だか感動してしまった。日本だとちょっと危なくて、こういったことはできない。いきなり相手にキレられて殴られたり、刺されたりしたらたまらない。

『あの男性はカルシウムが多分足らんのや。あんなにカリカリして』私も短気だけれど、怒る価値もないような小さなことは、極力受け流した方が精神衛生上いいと分かってきた。昔はイチイチ正しくないことに憤っていたが、あまり意味がない。憤ったところで、どうにもならないこともある。できる限り、毎日気分よく過ごしたいものです。

(今日も猫がボサッとなって寝ている。ここは平和)

f:id:Nisshi:20170803170017j:plain