シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

京都へたどり着く

点滴のおかげかお腹の調子もずいぶんよくなり、京都へたどり着くことができた。京都は今祇園祭一色で、京都駅八条口の和食屋さんでも、ホテルでも、河原町通りを歩いていても至る所で鈴がしゃんしゃんと鳴り、笛が吹かれる祭りの音楽が流れていた。しかし京都は暑い・・・iphoneによると34℃だった。湿気はシンガポールよりも少ないが、気温が高くてすぐに体力を消耗する。

とりあえず三条大橋から鴨川を見て『あぁ、懐かしい!!』というのをやろうと思ったが、とにかくあっつい!そして祇園祭のため人が多すぎる。ゆっくり橋で昔を懐かしんでいる暇もなく、先に進む。

f:id:Nisshi:20170716211233j:plain

最後に京都を見た時から所々店が変わっていたが、そんなに大きくは変わっておらず懐かしい。商店街には提灯が吊るされ、祭りの雰囲気が漂っている。そして浴衣を着た人が多く、とても風流だった。(さぞ暑かろう・・・)

f:id:Nisshi:20170716211236j:plain

途中に神社を見つけて、健康祈願をする。『早くお腹の調子が良くなりますように・・・』母親からのLINE『レバノン料理食べて、おやつ食べて、ビール飲んで肉食べてって、読んでてびっくりしたわ!』というのを思い出した。自業自得と分かっているけれど、なんとかしてほしい。

f:id:Nisshi:20170716211244j:plain

京都に来ると、必ず寄る和風の京都的な小物屋さんへ行く。ここは着物のような美しい和風の素材でできた小物がたくさんあり、値段もお手頃なのでよく来ていた。

f:id:Nisshi:20170716211324j:plain

今回は壊れたメガネケースの替えや小銭入れ、ティッシュカバー、匂い袋を買った。小さい頃に京都へ来た時、匂い袋を買ってもらったことがあり、それと同じ匂いの物を見つけた。店員さんが話しかけてくれる。「ポイントカードつくらはりますか?」「いえ、海外に住んでますので」「そうですか。どちらですか?長いんですか?」「シンガポールです。長くはないです。でもこういう和のものを欲しますね」「そうですか~お気をつけて~」こういうちょっとした日本語の会話が嬉しい。

f:id:Nisshi:20170716211327j:plain

お腹を壊して旅しているのが日本で本当によかったと思った。日本食は量も少なくてちょうどいいし、味が薄いしヘルシー。シンガポールにいるよりも、よっぽど体調がよくなるんじゃないかと思う。

(西京焼き定食)

f:id:Nisshi:20170716211338j:plain

(湯葉のおかゆ定食)

f:id:Nisshi:20170716211337j:plain

 夜店をのぞこうかと思ったが、あまりにも人が多すぎて断念した。地下鉄も人人人で『なぜ私はこんな時期に京都に来てしまったんだ・・・』と思っていたところ、前のおばあちゃんが人ごみに向かって「なんじゃい!これ!!」と言っていたのには、吹き出しそうになってしまった(笑)あぁ、関西に帰ってきたなぁとホッとした一日だった。