シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

オープンピクニックでレバノン料理のおいしさを知る

ブギスのマレーヘリテージセンターで、レバノン料理が無料で振舞われるピクニックに参加することにした。なんかこう音楽などが流れて盛り上がっているのかと思いきや、結構地味にやっていた。日本でいう町内会のちょっとした催し物という感じだった。

f:id:Nisshi:20170709225738j:plain

この垂れ幕に写っているおばちゃんが、レバノン料理をよそってくれる。これらは全て無料。しかし15:30からの2時間だけと少々遅いので、我々はおやつ的にレバノン料理をいただくことにする。

(Singapore International festival of artsというイベントの一環らしい)

f:id:Nisshi:20170709225733j:plain

f:id:Nisshi:20170709225813j:plain

割と人が多く、我々が来た頃には既に一品が品切れだった。

f:id:Nisshi:20170709225818j:plain

近くのベンチに腰掛けて食べる。甘酸っぱいバルサミコ酢的なドレッシングがかかったサラダはおいしく、見慣れないハーブが入っていた。お米はリゾット風で、薄めの味付けが口に合う。3品ともとてもおいしかった。もっと食べたい。

f:id:Nisshi:20170709225817j:plain

この料理はどこのレストランで食べられるのかをスタッフに聞くと、レストランはないという。「オープンキッチンと題して、特定のお宅でレバノン料理をみなさんと一緒に作って食べるイベントをしています」これは7/8-7/30までやっており、ウェブに登録し料金を払って参加するようだ。シンガポールのどなたかのお宅にお邪魔して(日程とお邪魔するお宅を選べる)、中東料理を作るなんておもしろそう。

www.sifa.sg

遠くにモスクを見ながらのピクニックは、なんだか贅沢だなぁと思う。

f:id:Nisshi:20170709225857j:plain

せっかくなのでこの近くで前に見つけて、気になっていたタイミルクティのアイスを食べることにした。

f:id:Nisshi:20170709225943j:plain

他にもドーナツやシナモンロールなどがあり、おいしい。

f:id:Nisshi:20170710000615j:plain

f:id:Nisshi:20170709225937j:plain

実はあまりブギスに来ないのでよく知らない。ウロウロしていると壁に派手なアートが所々にあり、若者や観光客が写真をよく撮っていた。

f:id:Nisshi:20170709230056j:plain

(結婚式の記念撮影もされている)

f:id:Nisshi:20170709230053j:plain

(こんなひと際目を引くオブジェもある)

f:id:Nisshi:20170709230129j:plain

これだけ食べておきながら、夜にビール二杯と肉を食べてしまった。

(夜のVivo cityを散歩する。ライトアップされて雰囲気がいい)

f:id:Nisshi:20170709234219j:plain

家に帰ってから、おもむろに旦那が言ってきた。「なんか、お腹いっぱいじゃない?」私は近所の市場で安く買ったメロンを食べていた。「そうやな。だって今日うちら4食食べてるからな。ちょっとまだメロン食べてるから」「?!どこにあるの?もう全部食べてるよ!!」あ、ほんとだ。まだ一切れあると思っていたのに。

私にとって食べることは、人生の大切なイベントなのだ。食べること(とりわけ酒?)が私の人生を豊かなものにしている。さて、明日は何を食べようかな?