シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

タイへ行く計画 ~パソコンとインターネットだけで、どこでも仕事ができるか~

せっせと教えていた日本語レッスンで得た金で、タイのサムイ島へ行くことにした。サムイ島は去年ダイビングをしに一度行ったのだが、海はきれいだったしシンガポールから飛行機で90分と近い。普段ならあまり一度行ったところには行かないのだが、今回はどこでもいいから近場できれいなビーチでただボーッとしたかった。それにプーケットは雨期のようだし、ボルネオも見たけれど海沿いのリーズナブルなホテルを見つけられなかった。

(ビーチはこのようにきれい)

f:id:Nisshi:20170530194537j:plain

そして今回の旅行でPCとインターネットさえあれば、どこでも仕事ができるかを試してみることにした。これがインドやネパールだとネットがあまり使えないので無理なのだが、東南アジアなら何とかなるはず。だいたいのレッスンは午前中に集中しているので、午前中にレッスンをし次の日のレッスンの準備をして、午後はビーチでのんびりできればいい。ただしシンガポールとタイには時差が1時間あるので、いつも朝9時から教えているアメリカ人には朝8時から教えなければならないのが少ししんどいが・・・。

f:id:Nisshi:20170530194418j:plain

自分の脳みそとPCとインターネットだけでどこでも金を稼ぐことができれば、生活の自由度が増す。結局金を稼ぐのに使っているのは自分の頭とテクノロジーの力だけなので、働く場所がどこであっても仕事のクオリティーは変わらない。もしくは変わらないようにマネージしなければならない。昔会社勤めをしていた時に『在宅ワークがOKだったらもっと効率的なのになぁ』とよく思ったものだった。往復2時間弱かけて会社に通っている間に、2-3つくらいの資料は作れたはずだ。そしてシンガポールで会社勤めをしていた頃は、会社の体質上休みを自由に取るのが難しく『せっかく色んな国に近い所に住んでいるのに、金を稼いでも旅行にすらいけないなんて・・・』と悲しくなったものだった。今はその双方の問題がなくなった。収入は恐ろしく低くなったけれど、コツコツ稼いで近くのビーチへたまに旅行へ行くくらいの金さえ手に入れば、今はそれでいい。

シンガポールに来てから知り合った年の近い日本人男子が、日本へ帰国後に会社勤めを辞めてフリーランスとして働きだしたのを最近知った。彼もまた組織に属さず自分の頭とテクノロジーで金を稼いでいる。小さなお子さんがおり、夫婦同業者で忙しく働かれていたので、さぞ今はフレキシブルな生活を送っているだろうなと思う。たまに旬の野菜で作ったおいしいご飯などがFacebookで投稿されており、子供の成長を見守りながら仕事も自分のペースで行い、生活を以前よりも楽しんでいるように見えた。

一方で会社を休んで17日間ロンドン、フランス、チェコを旅行したシンガポール女子は、旅行中も毎日携帯で3時間くらい仕事をしながら旅をしていたそうで、帰国後に体調を崩したそうな。サムイ島のネット環境がいいことを祈りつつ、そしてすぐさまビーチに走っていきたい自分を律して、私は何事もなかったかのような顔をしていつも通り日本語を教えられるか?!

(今日はこんなにきれいな夕陽がキッチンから見えた!)

f:id:Nisshi:20170530201427j:plain