シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

インドを旅して避けられないこと

それは下痢です。今回はインドにいる時に北インドカレーを食べた後、オイリー過ぎたのか一度お腹を壊したことがあったが、それ以来チベット料理を食べていたので問題なかった。が、なぜか帰国してから3日後くらいからお腹の調子が悪くなり(あの中医学系の店のお花のお茶を飲んだ日あたりから)、今日はついに何か一口でも口にするとお腹を下すようになってしまった。こうなるといつもの下痢対策として採っている白湯や正露丸ではどうしようもなくなり、恐らくウィルス系の下痢だと思われるので病院へ行くしかなくなる・・・。

インドを6回旅してインドにいる時にひどい下痢にならなかったのは、ダージリンとシッキムへ行った時と今回のマナリだけだった。(チベット料理やネパール料理を食べれたので)しかし結局いつも滞在中か帰国後に、何らかの症状で100%病院行きになった。アーユルベーダを受けにケララに行くと、だいたい3日目に下痢になった。まぁ滞在している施設がアーユルベーダ病院なので、ドクターに電話をすれば薬をもらえてすぐに治る。ラダックへ行った時はチベット料理を食べれたが、街の標高が3,000mを超えていたせいか常にお腹の調子が悪かった。現地のチベット医療クリニックへ行き薬を処方してもらい、それでも治らず次の旅先だったスリランカで病院行きとなった。ダージリンとシッキムの旅行中に体調は崩さなかったが、変な風邪をもらってシンガポールに戻ってからなかなか治らず病院行きになった。そして今回もまたこのままでは病院行きになるような・・・。

前に近所で食べたお粥がおいしかったので、旦那が買ってきてくれた。これは中にピータンと魚が入ったもので、ちょうどよい塩気と醤油の味がしておいしい。日本ではお粥というと病気の時に食べるものと思っていたけど、こちらでは日本の雑炊のように普通の食卓の一品として食べる。ショウガが入っており体が温まる。

f:id:Nisshi:20170521210522j:plain

お腹を下している割に、マンゴープリンも食べる。どうせ何を食べても下るんだったら、好きなものを食べた方がいい。

f:id:Nisshi:20170521210524j:plain

前に行った時はこのように非常に流行っていた。

f:id:Nisshi:20170521210559j:plain

今日は食べれませんでしたが、チキンにショウガとネギが乗ったとてもおいしい食べ物があった。

f:id:Nisshi:20170521210608j:plain

これはレタスと何かの炒め物。レタスは炒めてもおいしいのですね。ガーリックとチリが効いていた。

f:id:Nisshi:20170521210612j:plain

前回もピータンが入ったお粥を注文。

f:id:Nisshi:20170521210617j:plain

デザートは杏仁豆腐を食べた。こっちで食べる杏仁豆腐の方が、日本で食べていた物よりも8倍くらいおいしいと思う。

f:id:Nisshi:20170521210620j:plain

母親に今さら下痢になったことを伝えると「とにかく静養してちょーだい。あまり若くないんだから」という返信が来た。・・・まあね。インドでベビースターラーメンみたいなローカルスナックを喜んで食べている歳ではないかもしれない。

マナリの旅は、いつもインドを旅するように毎日どこかに長時間移動をするようなタフなものではなく、ゆるーく過ごしたつもりだったけれど、きっと一人で旅をしていた分気が張っていたのだろう。その糸が帰国して一気にほどけた。そして今回の旅は余裕だったと思って帰国後にすぐに普段と変わらぬ行動をとったところ、しまいには下痢と熱といういつもの不調で(アーユルベーダ的にはピッタが上昇しすぎた状態)私の体は警告を発したのだった。

来月に初めて出張でインドへ行く旦那が、少し怯えていたのがおかしかった(笑)幸運を祈ります。