シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

シンガポールで中医学に興味津々

所用がありチャイナタウンのPeople's park centreへ行ったところ、漢方や中医学的なものがたくさん並ぶ店に目が留まった。インド帰りで疲れていたこともあったのかもしれない。思わず中に入ってしまった。

f:id:Nisshi:20170518121648j:plain

よく分からないタブレットや何かの乾燥物などの商品が色々あるが、ハーブやお茶ならわかりやすいのでそこを少し見てみる。店員さんが中国語で話しかけてくる。「△◇〇※☆?」「英語話しますか?」「少し」

f:id:Nisshi:20170518121723j:plain

なんかお花に興味が沸いた。「これはお茶として飲むんですか?」「そうです。美容にいいです」と言いながら、店員さんはなぜか瓶に入った30ドルくらいする別の物を勧めてくる。「これはあなたにお勧めです」効用が高血圧とか高コレステロールとか書いてあるのだが、私にお勧めとは一体どういうことなんだろう。「いえ、結構です。美容にいいものをください」

f:id:Nisshi:20170518121759j:plain

結局フランスローズを100g買った。店員さんが袋に詰めて、パウチしてくれる。

f:id:Nisshi:20170518121816j:plain

10個くらいの花を湯に入れて、10分くらい待ってから飲めばいいとのこと。袋を家で空けてみると、結構きついローズの香りがして大丈夫かなと思う・・・。しかし10分たって飲んでみるとローズの香りはほのかになっており、お花の優しい味(あまり花は食べたことがないが・・・)がする。市販のローズのハーブティーは、たまに酸っぱくて飲みづらい時があるが、これはどこかのお花畑を歩いて嗅いでいる香りをそのまま飲みこんだようなナチュラルな味だった。

f:id:Nisshi:20170518122103j:plain

このお店の奥に中医学のクリニックがあった。私は色んな国の伝統医療に興味があるので、ちょっと受けてみたいなと思いその辺の店員さんに聞いてみた。「外国人でも診療を受けられますか?」「はい、事前にここでアポをとってください」結構人が待っており、漢方の処方などもしているようだった。ちなみに先生は英語も話すはずとのこと。

f:id:Nisshi:20170518122123j:plain

今までは病気ではないけれどなんか調子が悪いなと思ったら、リトルインディアのアーユルベーダクリニック(http://ayurvedasg.com/)に行っていた。しかしあそこはオイルを使ったトリートメント後にシャワーを浴びれないので、油まみれのままMRTかタクシーに乗らなければならないのが難点だった。そして風呂に入っても入っても、数日間なんかカレー臭くなってしまう。(オイルの中に色々なハーブが入っているため)中医学だとトリートメントがオイルではなく、鍼とかカッピングとか漢方と推測するので、カレー臭くなることもないだろう。

今のところ調子が悪い所と言えば、背中が痛いとか疲れやすいくらいだけれど(運動しろとまた旦那に言われそう)、何か不調が出たらこの中医学クリニックにチャレンジしてみよう。