シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

フィリピン料理「Bulalo」を食べる

旦那のスーツのサイズ直しが終わったので、Lucky plazaに取りに行く。そしてせっかくなのでフィリピン料理をフードコートで食べることにした。日本語レッスンの生徒さんにフィリピン人がいるので会話の話題にもなるし、前にAdoboというフィリピン料理を食べたら結構おいしかったので、他のも食べてみたい。

まずフィリピーノの英会話の先生に聞くことにした。(ところで私はフィリピンに住むフィリピーノからSkypeで英語を学び、シンガポールに住むフィリピーノにSkypeで日本語を教え、オーストラリアにある日本語学校から日本語教師養成講座を受けるという何とも奇妙なことをしている)「スープは好き?Nilaga、Sinigangとかお勧めかしら」とのことだった。あと有名なデザートを聞くと、Halo-Haloというパフェとかき氷が混ざったようなスイーツがおいしいとのこと。

さっそくLucky plazaへ行き、ちょうどSisigなどの聞いたことがあるフィリピン料理を出している店を見つけた。

f:id:Nisshi:20170425150123j:plain

しかし英会話の先生が言っていたスープがどれかわからない。「すみません、このスープがありますか?」「うーん、それはないですが、あれならあります(メニューの一番左上)」「どんな味ですか?酸っぱいですか?」と聞くと、スープをわざわざ味見させてくれた。豚骨ベースでなかなかおいしかったので、それを頂くことにした。「Bulalo」という食べ物らしい。

f:id:Nisshi:20170425150025j:plain

(魚や肉が前に並び、選んだ料理によってよそってくれる)

f:id:Nisshi:20170425150129j:plain

なんかよく分からないが、なぜか二杯分のご飯が一つの皿に乗っており、その皿の下にもう一枚皿が置かれている。そして出てきたスープを見た時に分かった・・・「これ、二人前ですか?」「そうなんです。あなた一人?」はい、一人です・・・。

なかなかおいしかった。具が豚なので当たり前だけれど、豚骨ベースのあっさりしたスープに、白菜とネギか何かの細い緑の野菜が入っている。肉は柔らかいし、臭みも酸味もない。きっと酸味が欲しい人のために、スダチのようなものを渡されたのだろう。ただ量が多すぎた・・・。

f:id:Nisshi:20170425150031j:plain

ちなみに先生がお勧めしてくれていたのは、これらでした。日本語レッスンのフィリピーノの生徒さんに、Halo-Haloがどこで食べられるか聞いてみることにしよう♪

(こちら、Nilaga)

f:id:Nisshi:20170425151641j:plain

Source:nilaga - Yahoo Image Search results

(こちら、Sinigang)

f:id:Nisshi:20170425151733j:plain

Source: Sinigang - Yahoo Image Search results

(こちら、Halo-halo-)

f:id:Nisshi:20170425151830j:plain

Source: halo-halo desse - Yahoo Image Search results