シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

デリー出身のボビーさん@酒場で

ベナンさんの「あまり色々考えずに、毎日をただ楽しみなさい」のアドバイス通り、日々の生活をただ楽しむことにする。そして私にとって「楽しい」=酒を飲みながら話すことであり、近所で見つけたいい感じのバーへ入る。

メキシカン風の音楽が流れており、店内のインテリアがレトロ。ワイン一杯でいくらくらいか外のメニューを見ていると、お兄ちゃんが注文を取りに来たので入ることにした。「中でも外でもどこでもどうぞ」と言われ外の席でボーっと飲もうかと思ったのだけれど、インド人のおじちゃんがいるのを見て反射的にカウンターに座る。「白ワイン一杯お願いします」19時まではハッピーアワーで、白ワイン一杯でSGD12くらい。今朝シンガポールに住むフィリピーノとした日本語レッスンの金を充てる。(私の1レッスンはUSD15/60分なのだ)

メニューを見ていると、ヒマラヤンシッキムティーというのがある。思わずインド人のおじちゃんに話しかける。「紅茶もあるんですね。私、シッキムにいったことあります」「そうなんですか?」「はい、ラダック、シッキム、ダージリン、あとコーチン(ケララ)にも行ってます」「ラダックは北の方ですよね?チベット人が多い。(厳密にはチベット人ではなく、ラダック人)私よりもインドにたくさん行ってますね」ここでソービニヨンブランが出てくる。まぁまぁ量は多い。よく冷えていておいしい。

f:id:Nisshi:20170419200139j:plain

「インドが好きなんです。来月マナリに行きます」「あなたは日本人ですか?前にニシさんという日本人がこの辺に住んでいました。4-5年間くらい。もう日本に帰りましたが」ニシさん?少し名前に親近感を覚える。ここに居たら思わず話しかけただろう。「ええ、日本人です。あなたはシンガポール生まれですか?」「いえ、デリー出身です。ボビーといいます」ボビーさんは品のあるインド人だった。けれど話しかけやすい。

(看板にHigh teaがあるが、もうやっていないとのこと)

f:id:Nisshi:20170419200343j:plain

他にも外の席でサラリーマン風のヨーロッピアンや、ご婦人たちがビールを飲みながら話していた。

f:id:Nisshi:20170419200546j:plain

店内にはこのようなテーブル席もある。

f:id:Nisshi:20170419200825j:plain

まぁまぁそれなりの値段はするのだけれど、店の雰囲気がいいしちょっと一杯飲んでいくとか、少し安い所でご飯を食べた後にちょっと飲んでいくといいかもしれない。

f:id:Nisshi:20170419201251j:plain

ダージリンティーが、一杯約600円ですか。しょうがないけれど、私がダージリンで買ったダージリンティーはひと箱約500円で20杯くらいは飲めた。しかしあの高級なダージリンティーと他のニルギリやアッサムティーが同じ値段というのは少々首をかしげる(シッキムティーはわからない。希少価値が高いのだろうか)

f:id:Nisshi:20170419201302j:plain

北インド料理もある。前に住んでた外国人エリアの日本食屋の定食くらいの値段がする。この辺にしてはちょっと高い。(すみません、なんか文句ばかりで・・・関西人なもので)

f:id:Nisshi:20170419201242j:plain

「また来ますね~」「えぇ、また来てくださいね」と店を後にした。ここは雰囲気がいいし店内は寒くないし、インド人のおじちゃんとお話しできるのがいい。日本語レッスンで稼いだ金で、毎週ここで飲むことにしよう。

f:id:Nisshi:20170419201316j:plain

たまに日本で勤めていた会社の一番長かった上司とメールのやりとりをするのだが、インドを一人で旅したと言った時のように、またこう言われる気がする『不良嫁め』。