シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

引っ越しの乾杯は、ローカルの骨肉茶(バクテー)で

本当は引っ越しが完了した日にこれをしたかったのだが、全ての気力を使い果たした私は食べ物を口に運ぶのが精いっぱいだった。なので少し遅れたが、近所をブラブラした時に気になっていた、ローカルの人が多い店で乾杯をすることにした。

「おつかれ~!」と言って、私はビールを旦那はコーラを飲む。

f:id:Nisshi:20170408205842j:plain

そして私の好きなバクテーを始め、おいしそうなおかずを頼みまくった。

こちらバクテー、パン、湯葉。旦那は以前食べたバクテーに独特の臭みがあり、あまり得意ではなかったらしいが、今回は「これ、おいしい!」とスープまで平らげていた。テーブルに置いてあるパンは、スープにつけて食べるとのこと。「このパン、バクテーのスープにつけたら、味がチキンラーメンに変わるよ」「そんなことないやろ~・・・ほんまや」スープをしっかりパンに浸み込ませると、確かにチキンラーメンの味がする。なぜなんだろう?

湯葉は少し薬草のような風味がする。私は好きだが、旦那は口に入れた瞬間その後の対応を図りかねていた。

f:id:Nisshi:20170408210254j:plain

これはアサリをニンニクと少しスパイシーなソースで炒めたもので、そんなに辛くなくておいしい。ビールにとてもよく合う。

f:id:Nisshi:20170408210431j:plain

終わりの方に、注文していたのに忘れられていた白菜の炒め物が来た。これもガーリックが効いていておいしい!どれもビールによく合った。

f:id:Nisshi:20170408210610j:plain

全部でSGD54.45(4350円くらい)だった。ビールは中瓶だったし、これだけ飲み食いしてこの値段は安いと思う。「あ~なんか俺、ここ好きだわ~」とのんびりした街の景色を見ながら、旦那がつぶやいていた。

特に何もないのだけれど、その辺をブラブラしておしゃれなカフェやバー、雑貨屋さん、中華系のスパ、そして窓を全開にしているシンガポール人のお宅をこっそり拝見したりするのが楽しい。次はカフェ巡りでもするかな。