シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

「たまには変えないと飽きるんだよ」

インフルエンザのおかげで、2週間遅れて結婚記念日を祝う。今回はマーライオンとマリーナベイが窓から見える、景色が抜群のレストランだった。品の良いイタリアン料理と落ち着いた雰囲気で、旦那が仕事の会食で使っただけあり本社から来た役員や重要な取引先との会食にぴったりだと思った。

www.dhm.com.sg

もちろんカップルで記念日を祝うにももってこいの場所なのだが、我々は食べるのが早いので、出された料理を一気に食べて手持ち無沙汰になる。そしてだんだん陽が落ちていき、マリーナベイの灯りがキレイに見えてきたところで、マーライオンの異変に気づいた。「なんか青ざめてる!!」

(これはレストランから撮ったもの)

f:id:Nisshi:20170305123220j:plain

プロジェクションマッピングと幻想的な音楽で、マーライオンは様々な色に変化していた。「いつもの白いやつの方がいいと思うねんけど」「たまにはあぁやって変えないと、飽きるんだよ」マーライオンに飽きる?マーライオンは何度も見るものではない。シンガポールに来たことの証として、写真くらい撮っておこう。という程度のものだ。ずっと白いとそれすらもういいわ。となるのだろうか。最後にレストランからの素敵なお祝いを頂き、特に興味はないけれど青くなったマーライオンを見に行くことにした。

f:id:Nisshi:20170305123519j:plain

しかしレアな色のマーライオンを見るのは、思いのほか楽しかった。写真を観光客にまみれて撮りまくり、シンガポール政府の策略(?)通り、Facebookに投稿してシンガポールの広告に自ら貢献した。

f:id:Nisshi:20170305124404j:plain

f:id:Nisshi:20170305124037j:plain

f:id:Nisshi:20170305124057j:plain

f:id:Nisshi:20170305124119j:plain

ただ子供がいつもと違うマーライオンに驚き、怖がっていた。確かに何も知らない子供から見ると、おどろおどろしい音楽と共に色が変わっていくマーライオンは奇妙に映ったに違いない。これからもずっと夜はこの色なのだろうか?期間限定なのだろうか?ネットで調べてみたけれど、これが特別な催し物なのかこれからずっとこうなのか分からなかった。「ずっとこれだよ」と旦那。「そしたらまた何か変えないと、飽きるね」