シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

豪雨=ビール

大阪に住んでいるネパール人と、これもまたひょんなことからお友達になった。昨日”どういたしまして”という意味で習ったネパール語「サンガトーン」を使ったら、「どの国の言語?」と言われた!これは「ギャッタミー」に次ぐ一大事であり、早くネパール料理屋へ行って、ネパール人に直接謎を究明するしかないと思った。

毎日午前中にフィリピン人の先生とスカイプで英会話をし、午後は日本語教師養成講座の勉強をし、最近はYou tubeでネパールやチベットの方の暮らしが分かるドキュメンタリーを片っ端から見ている。その厳しい生活や、それでもたくましく生きられている姿を見て『生きるってこういうことだわ』と今日も思いながら、夕方にネパール料理屋へ行こうとした。

が、外に出ると雨がぱらつき、すぐに集中豪雨になった。一度このように豪雨になると、しばらく止まない。ずっと集中豪雨が続くことは稀なのだが、今日は家を出るタイミングを誤った。

f:id:Nisshi:20170208191212j:plain

駅まで行きちょっとした買い物をしたが、天気予報は19時まで降水確率が80%になっており、これ以上雨が止むのを待っていられない。したがって不本意ながら私はせっかく来た道を、引き返すことにした。雨が止んだとしてもずぶ濡れで、レストランはだいたい恐ろしく寒いので風邪をひく。道が雨でちょっとした川のようになっており、傘はもはや意味をなさず、頭から足の先までびしょ濡れになってしまった。家に着いた時に玄関の自動ドアを同じ住人の方が開けてくれた。「シャワーを浴びたみだいだね」「えぇ、まるで台風です」と苦笑いしながら、私は家にその方はこれから外出された。

(携帯も残念な結果に・・・)

f:id:Nisshi:20170208192451j:plain

今のシンガポールは雨期で雨が多く、涼しい。今も26度しかない。(私は31-32度が好きなのだ・・・)外に出られないと、家でビールを飲みながら何かを食べるしかなくなる。豪雨の中『42度になるよりましか』とか『日本みたいに10度をきるよりましか』などと思っていたが、外に出られないという意味では同じだ!

f:id:Nisshi:20170208192215j:plain

去年の今頃は日本に帰ったが、気温差が激しすぎて体調を崩しシンガポールへ逃げ戻った。しかしこの時期のシンガポールは雨は多いわ、涼しいし(暑いのが好きなのに)活動しにくい。それに私は今どの国にいたって生活が変わらない。ネットさえ使えればスカイプでシンガポール人に日本語を教えられるし、フィリピーノと英会話もできるし、日本語教師養成講座の課題もオンラインで提出できるのだ。いっそ冬の日本へ帰って、スーパー銭湯でも堪能してこようかしら・・・などとビールを飲んでいたら天気予報通りの時間に雨が止んだ。(でも面倒なので、もう外には出ない)