シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

ネパール語『ギャッタミー(すごーい!)』の謎

ネパールでレストランを営んでいるお友達のラムさん一家の、奥さんとお子さん達(英語を話さない)とコミュニケーションを取りたいので、ネパール語を勉強する。

<こうなった経緯はこちら>

nisshi.hatenadiary.com

nisshi.hatenadiary.com

You tubeでしばらくNHKのネパール語講座を見ていたのだが、突然見れなくなってしまった・・・。あれはカトマンズの風景や文化等の紹介と共に、ワンフレーズだけを習う簡単なもので、とても分かりやすかった。それに実際に自分が行った場所をもう一度見れたので、懐かしかったのに残念だ。。。

すると旦那がこんな本をくれた。これはちょっと旅行で使うネパール語ではなく、文字から覚える本気モードの本である。

f:id:Nisshi:20170202153216j:plain

なんか全部同じに見えるのは、気のせいか・・・。

f:id:Nisshi:20170202153533j:plain

ある日、どうしても私がインドのダージリンで習ったネパール語『ギャッタミー』が、なぜネパールで通じなかったのか、知りたくなった。なぜならこの『ギャッタミー』というのは、私がダージリンで美しい山の写真を撮った時にネパール人のドライバーさんに見せたところ、そのネパール人が発した言葉だったからだ。横にいたネパール人ガイドのブペンさんが『すごーい!!という意味です』と言っていたのを、私は”ギャッタミー”と共にメモにきちんと記録していた。

しかし年末ネパールへ行き、同じくネパール人ガイドのミンさんにギャッタミーを使ってみたところ、ポカーンとされた。ホテルのお姉ちゃんもポカーンとしていた。そして、彼らは美しいものを見た時はこう言うと教えてくれた。『デレ ラムロ ツァ(とてもきれいです)』

多分私が違う音声でギャッタミーを聞き取っており、ネパール人に通じなかったものと思われる。旦那にもらった本にそれらしいものが載っていないか探していると、なんと見つけた!『なんて良い」という表現があり、正しくはどのように発音するのか分からないのだが、”キャストミー”とかそのような感じに見える。これは私が聞き間違えた”ギャッタミー”に非常に近い。

f:id:Nisshi:20170202154341j:plain

ネパール人のお兄ちゃんがいるネパールレストランへ行き、なんと発音するのか今度聞いてみよう。それにあわよくば、どなたかネパール語を教えてくれそうな人がいないかも聞いてみよう。本やネットによくカタカナで発音が載っているが、実際に聞くとちょっと違う。本物を聞きたい。でないと現地で通じない。

ちなみにそのレストランは、こちら。オーダーを取ってくれるお兄ちゃんの顔が、絶対ネパール人なのだ。(このレストランの横にもネパール料理屋があるが、そこ店員さんはネパール人なのかインド人なのかが私にはどうもわからない。)あぁ、ダージリンやネパールで食べたモモが恋しい・・・。

www.gurkha-palace.com

(これはカトマンズで食べた、バッファローの肉のモモ)

f:id:Nisshi:20170202161531j:plain