シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

旅に始まり、旅に終わる2016年

明日から今回は一人旅ではなく、旦那と今年2度目のネパールへ行く。家の大掃除を早々に済ませ、数少ない冬服をパッキングし(ネパールは今、日本の秋くらいの気温のよう)、冷蔵庫の食材も使い切る。「来週がネパール行きならいいのに」と言っていたら、あっという間にその時が来た。

(いくつかのネパール語を覚えたが、日本語に比べてちょっと長い・・・)

f:id:Nisshi:20161227204545j:plain

多分同じような感じで、このシンガポール生活もあっという間に終わってしまうのかもしれない。ここで自分のための記録の意味も込めて、この1年を振り返る。

<今年したこと>

・仕事を辞めて、プーになったこと(プー最長記録を更新中。私は高校生からバイトをして金を稼いでいたので、15歳以降で最も長いプー太郎生活になる)

・ブログを書き始めたこと

・シンガポールで稼いだ金で、約3カ月間シンガポール周辺の8か国を旅したこと(ブータン、ベトナム、ラオス、ネパール、インド、スリランカ、オーストラリア、フィジー)

・趣味が増えたこと(写真、紅茶、スキューバダイビング、乗馬など)

・シンガポールが好きになったこと(去年は嫌いだった)

・シンガポールの知らない色々な面を知ったこと(シンガポール人も都会のシンガポールを息苦しいと思っていたり、貧しい物売りのシンガポール人に出くわしたり、子供が英語で教育を受け親が英語を流暢に話さない場合(中国語をメインで話す場合)、親子でも意思疎通を深く取ることができないこともある等・・・)

・シンガポールの写真スクールへ通ったこと

・スキューバダイビングのライセンスを取り、フィジー、バリ、サムイ島の海を潜ったこと

・色んな国のお友達が増えたこと

・日本語講師もどきになったこと&日本語教師養成講座の勉強していること

・10年前に泊まったベトナムの宿に、また泊まれたこと

・なぜかJoyceの会社のミーティングに、通訳として飛び入り参加したこと(笑)

2016年は自分がしたいことに徹し、様々な出会いのあった1年だった。そして旅から色々なことを学んだ。その中でも今も強く頭に残っているのは、”自分ではどうしようもないことは、受け流すか、受け入れるか、あきらめることの大切さ”かもしれない。

これはインドのダージリン旅行で得た教訓で、この旅行中はありとあらゆるトラブルが次々と発生し(一日目からシッキムに入るための許可証が取れない、宿がいきなりいい感じのホテルからしょぼいゲストハウスに変わる、土砂崩れで大渋滞、車が壊れる、電気と水が止まる等)、いちいち文句を言ったり「なんでこうならないんだ!!」などと思うとストレスが溜まってしょうがないので、「どうしようもない。ここインドやし」と受け流すより他なかった。すると、自分にもこのように受け流す力があったことに気づいた。もちろん自分で自分の生活を充実させるための行動は必要だが、自分のコントロールの範疇にないものは自然に身を任せるしかないのだと今年は悟った。コントロール欲の強かった私にとって、これは大きな学びだった。

(ダージリンのみなさんは、気長に待つ)

f:id:Nisshi:20161227204145j:plain

自然の成り行きに身を任せはするものの、あと1年か2年くらいしかない限られたシンガポール生活を意味のあるものにしたいと思う。シンガポールは近隣国へのアクセスが非常によいので、活動の範疇をアジアに広げればもっと面白いことがあるだろうし、シンガポール内にも様々な国の人々がおり、その人たちとの交流を通じて違う文化を知ることができる。それに日本で言う『普通は〇〇するもの』などという価値観は、色々な人が暮らすこの国にはないので、日本のように世間体を気にする必要もない。それに私は少し長く新興国を旅しすぎたからか、頭のねじが緩んでちょっと普通が何なのかわからなく・・・。

(ビールを片手にエビも釣る)

f:id:Nisshi:20161227205120j:plain

先々のことを考えすぎずに、毎日を旅するように過ごすことができれば、きっと充実したものになるのだろうなと思う。旅には終わりがあるので、来週や来年のことなど気にせずに今を楽しむことにフォーカスするだろうし、何かトラブルが起こっても、ずっとうにゃうにゃしているともったいないのであまり気にしない。あと体調不良になると旅を楽しく続けられないので、特に体調管理に気をつける。この楽しく旅するルールを守りながら、毎日何が起こるかよくわからない流動的な生活を自分で作って楽しむのも、”シンガポールにいるうちに”できることの一つかな。

f:id:Nisshi:20161227210213j:plain