読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

第二の故郷、南インドのケララで起きた事件にショック

今朝Yahoo Japanを見ていたら、南インドケララのビーチで30代の邦人女性が暴行を受けたというニュースを見て、ショックを受けた。なぜなら私はケララへアーユルベーダ(インド伝統医療)を受けに、今まで3回行っている。いつも一人で行く。そして去年8月にはマラリビーチ(http://www.cghearth.com/marari-beach)というリゾートホテルでアーユルベーダを受けながらビーチを散歩したりしていたので、自分が同じような事件に巻き込まれてもおかしくなかったのかもしれない。

headlines.yahoo.co.jp

まぁこのMarari Beachというホテルは5スターで、セキュリティがホテルの敷地に面するビーチにいて目を光らせていた。一度夕日をビーチで見ていた時に現地人が私に話しかけてきたところ、セキュリティの方が私にホテルへそろそろ戻るように言ってくれたりした。

(Marari Beachの敷地内はとても広くて、自然が美しい。この先にビーチがある)

f:id:Nisshi:20161128192550j:plain

(ある日のアーユルベーダ食。南インド料理は野菜がメインで、スパイスがふんだんに使われており本当においしい!)

f:id:Nisshi:20161128192616j:plain

(いつもアーユルヴェーダトリートメントをしてくれていたお姉さん)

f:id:Nisshi:20161128192644j:plain

(15-16時はお茶の時間。ホテルの敷地内でリアカーを引いたおじいさんが、紅茶とお菓子をくれる)

f:id:Nisshi:20161128192704j:plain

長く旅をしていると、だんだん感覚が鈍くなり危機感がなくなっていく。私は東南アジアは一人でブラブラしたが、インドは危ないので(場所によるのですが・・・例えばダージリンなどは別)一人でブラブラしなかった。常に現地にオフィスのある日系旅行会社の現地ツアーを使い、ガイドさんと専用車をつけて必ず一人で外を歩かないようにした。それに何かあった時に、その旅行会社の日本人スタッフと必ず連絡が取れるようにした。

外務省が運営している「旅レジ」にも行先や滞在ホテルを登録していたし、旦那に宿とフライト情報、緊急連絡先(日系旅行会社のコンタクトパーソン)を連絡し、ブログで何をしていたのか分かるように書き、1日1回は何らかの方法で無事を知らせた。もし3日間何も連絡が取れない場合は、緊急連絡先へコンタクトするというルールを元に、今年4-7月まで3カ月間一人旅をした。

あと私は東南アジアをブラブラする時は、カバンをもたない。ズボンのポケットにお札とパスポートのコピーを入れて歩くだけ。お札も盗まれてもいい額だけしか持たない。その方がひったくりに合わないかとか、余計なことを気に揉む必要もない。一人で新興国を旅するのも、誰かが一緒だと何かあった時に自分だけ逃げる訳にいかないし、一緒にいる人を守れるかわからないからという理由もある。

シンガポールにいるうちにまだ周辺国を旅するだろうけれど、危機感が絶対に失われないようにしようと気が引き締まったニュースだった。ネパールで買い、ラダックのチベット仏教僧によるお経で、効力を吹き込んでもらったお守りをこれからも持ち続けて。

f:id:Nisshi:20161128193549j:plain

f:id:Nisshi:20161128193450j:plain