読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

一時帰国をして気づく、日本のよさ

本格的に日本が寒くなる前に、一時帰国をすることにした。(今年2月に帰国して、寒すぎて体調を壊した)ラッキーなことに11月にしては暖かくて、昼間は18度くらい。これはこないだ行ったダージリンとそう変わらない。前半3日はもともと住んでいた神戸へ、後半は実家で過ごす。シンガポールに住んで約1年、さらにシンガポール周辺の8か国を約3カ月旅して今回日本へ帰ると、日本で住んでいる時にはわからなかった日本の素晴らしさに、たくさん気づくことができた。

①店員さんの細やかな気遣いと、テキパキした対応

例えば、神戸でランチを食べた時。店員さんは基本的に笑顔。席に着くとクルクルっとなっているおしぼりを、わざわざひろげて手渡ししてくれたことに驚いた。(シンガポールでは、ウェットおしぼりがテーブルにおいているが、おしぼり代も取られることもあるし、いちいち手渡しなどしてくれない)何も言わずに水を定期的に継ぎ足してくれるし、なんでも作業が素早くてかつ丁寧。

(三宮の行きつけのカフェ)

f:id:Nisshi:20161114145152j:plain

手袋を買った時に、こちらが言わなくても店員さんが「すぐに使われますか?」と、値札をその場でとるかどうか聞いてくれた。スタバで長蛇の列ができていても、レジもドリンクを作る人も手際がよいので、パッパとみな飲み物をもらっていく。

書き出すときりがないほど、店員さんの接客品質が高い。今までは『何がおもてなしの国やねん』などと思っていたが、きっと海外の人から見ると、日本人は自然にレベルの高い接客や、きめ細かな気遣いができる民族なのだと気づいた。

②安いし品質がよい

行きつけの美容院へ行った。私が行っているシンガポールの日系の美容院のカット代はSGD90(7200円くらい)に対して、神戸の行きつけは4200円。安すぎて、ヘッドスパも付けた。(ヘッドスパは3000円)ネイルサロンにもハンドケアへ行き、30分もかからないくらいですごくきれいに仕上げてくれて、約2000円だった。シンガポールのネイルサロン(シンガポール人がやってくれる)だと、1.5倍くらいして何とも言えない仕上がりになる。

そして、仏様のような旦那に新しいカメラを買ってもらったのだが、カメラケースを2900円で見つけた。シンガポールにこのようなかわいいケースはあるかわからないし、あっても値段が倍くらいになるだろう。

f:id:Nisshi:20161114143935j:plain

③食べ物がおいしいし、ヘルシー

安くてどこもおいしいので、何を食べようか本当にわくわくする(笑)まずランチは1500円で、サラダ、パスタ、パン、飲み物がついてきて、絶品。先日シンガポールで北京出身のJoyceさんとしたランチは、まぁ普通のサラダとカモミールティーで、SGD30くらい(2800円)したので、なんかモヤモヤした。

夜は着物を着たきれいな女将さんがやっているおでん屋へ行ったが、もう出汁やおでんの素材のおいしいこと!それにきれいな和食器におでんを一品一品出してくれ、見た目も美しい。ここでは調子に乗って日本酒1.5合を4~5本頼んだものだから、2人で2万円くらいになってしまったが・・・。

f:id:Nisshi:20161114143818j:plain

他にも吉野家で牛丼、屋台のクレープを食べたり、普通の鮭弁当みたいなものですら、おいしく感じた。(しかも、380円という破格値!シンガポールで行く日系スーパーだと倍くらいのはず)

時々、店員さんが丁寧すぎて『いいから適当に袋に突っ込んで、早く渡してくれ』と思うことがあったり、おっさんが私にぶつかっておいて何も言わずに去っていく時などは、シンガポールの雑で早いことや、きちんと”Excuse me(すみません)”と皆謝る所がいいな、などと思い出していた。

何はともあれ、やはり自分の行きつけの店が決まっている街で過ごすのは、とても楽だ。それに去年はここで普通に買い物したり、よく飲みに行ったりしていたのが、なんだか懐かしかった。今は年中常夏の国で、Tシャツとビーチサンダルでブラブラしている。『人生何があるかわからないなぁ~』と改めて思いながら、実家へ移動するのだった。