読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

10/22(土)無事にシンガポールへ戻り、思うこと

昨日はデリーへ18時頃に到着し、ラウンジで一休みしてシャワーを浴びた。ラウンジは、Terminal 3を出て左へずっと歩くと奥の方にある。シングルベッドの部屋を3時間使うプランを選んで、3100ルピーだった。(他にもシャワーだけとか、ラウンジで休憩だけなど色々なプランがある)電気も湯も水もWifiも問題なく使うことができ、デリーへ戻ってきてホッとする。23:15発の飛行機に無事乗り、なんとかシンガポールにたどり着いた。実は昼にモモを食べた後にラウンジでグアバを二個食べただけで、かなりお腹がすいていたが、疲れすぎて何も食べることができなかった。飛行機でも機内食が出たが、寝たかったので断ってしまった。(結局ほとんど寝れなかったが・・・)チャンギ空港でスーツケースを待っている時に、疲れと眠さと空腹でぶっ倒れるかと思った。

なんとかタクシーに乗り込んで自宅へ帰り、服を脱ぎ散らかしスーツケースもそのままほったらかして昼過ぎまで爆睡した。昼からなんとか起きだし、忘れないうちにブログを更新しようと思ったら、トイレで地面にかばんを落っことした時の衝撃でPCが壊れている。画面の左下が黒くなり、キーボードを叩いても文字をタイプすることができない・・・。これもよくある旅の代償。旦那のMACをとりあえず借りるが、使い方がよくわからない。

(特に意味はないが、どこかで撮ったヤックとお兄さん。お兄さんのポーズがきまってる)

f:id:Nisshi:20161023222409j:plain

今回の旅は連続的なトラブル続きで、体力のない私が現地で体調を崩さず、なんとか自宅まで無事帰ってこれたのは奇跡的だった。今回もまた何かに守られている感じがし、そしてもうシンガポール周辺国の旅行でやり残したことはないと思った。(細かくはまだ行きたい所はあるが、行ければいいし、行けなくてももうよい)それにブペンさんという素晴らしいガイドさんに出会えたことは、幸運だった。いつだったか忘れたが、車で話していた時に印象的だった話がある。

「人生は短いので、敵を作らずに友を作りなさい。ビルをたてるのに1年とかかるけれど、壊すのは1日で壊せるでしょう?人生も同じことです。明日死ぬかもしれませんから」あと、こんなことも言っていた。「私は相手が自分のことを好きでなくても、自分が相手をハッピーにしようとします。すると最後はよい友達になれます」私は「なぜ自分によくしてくれない相手に、親切にしようとするのですか?」と聞くと「他の人に何も見返りを求めていないからです」とスッと言われて、ハッとした。

彼は人に親切にして喜んでもらうことが自分の幸せだと言い、それは私が4-7月の長旅でも学んだことだった。けれどシンガポールへ戻った後、仕事がなかなか決まらなかったり(選んでいるから決まらないのだけれど・・・)思ったように事を運べない事で視野がどんどん狭くなり、自分の事ばかり考えていた事に気がついた。「エゴを捨てることです」「どうすれば捨てられますか?」「物事をシリアスに考えすぎずに、受け流すのです」とブペンさんはにっと笑った。

(おばあちゃまが階段を上がるのを助けていた、優しいブペンさん)

f:id:Nisshi:20161023222246j:plain

そして、ガイドの仕事が好きだという彼が出会った、オーストリア人の難しかったゲストの話をしてくれた。その方はすごくお金を稼いでリタイアした75歳で、一人でダージリンに来られたそうだ。1泊の予定が1週間になり、ブペンさんのことをえらく気に入りガイドはブペンさんでないと嫌だとか、旅行会社ではなくブペンさんにしか直接金を払わないなどと困った事を言い出したという。それにチップを数万円も渡したりするので、ブペンさんが止めると怒りだしたり、ある日は朝から14時までその方の話を部屋で一方的に聞いた日もあったそうだ。(どうも耳があまり聞こえない方だったらしい)

「彼は財産がたくさんありましたが、家族もおらずひとりぼっちで可哀想でした。私はお金はありませんが、死んだ後にたくさんの友達が葬式に来てくれると自信を持って言えます」この時『あぁ人生ってそういうことなんだな』と思った。「きっと誰かに話を聞いてほしかったんですね。ブペンさんにだけ心を開いてたんですよ」幸せはお金で買えないねとお互い話し、ブペンさんは「Money is everything but everything is not money.(お金が全てだが、何もかも金では解決できない)」と言っていた。

f:id:Nisshi:20161023223742j:plain

今回のシッキム&ダージリン旅行も、人との出会いで素晴らしいものになった。忘れかけていた長旅で学んだ事を思い出した事や、色々な気づきを得る事ができ本当によかったと思った。そして、ネパールを旅した時も思ったが、ネパールの方は本当に温かい人が多いなと感じた。

ダージリンティーとネパールの方の大ファンになり、ネパール語も勉強してみたくなった。やりたいことリストの”ダージリンへ行く”のステータスをDone(完了)にし、新たに”ネパール語の勉強”を追加した。

(ダージリンでは、ネパールの伝統音楽の生演奏も聞く事ができた)

f:id:Nisshi:20161023224836j:plain