読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

知らなかったシンガポール ~シンガポールで1番高い歩道橋と日本の唐揚げ~

今日はシンガポールで1番高い歩道橋”Henderson waves”で、写真を撮る練習をする。これは非常にユニークなデザインの橋らしく、19時~夜中の2時までライトアップされているので、涼しくなる夕方に行くことにした。

www.yoursingapore.com

まずタクシーでHortParkへ行く。ここから自然に囲まれた歩道橋を歩き、Henderson wavesを目指す。

f:id:Nisshi:20160924224011j:plain

近くでは車がびゅんびゅん走り、遠くに高層ビルが見える側にこの歩道橋があり『東京にこんなものは作れないだろうな』などと思いながら先へ進むと、徐々に静かになっていく。

f:id:Nisshi:20160924225813j:plain

f:id:Nisshi:20160924224055j:plain

(高いところが苦手な方は、下を見ない方が・・・)

f:id:Nisshi:20160924224135j:plain

f:id:Nisshi:20160924233046j:plain

f:id:Nisshi:20160924224239j:plain

ランニングやウォーキングを気軽にしている人がたくさんいる。静かで涼しくて気持ちがいい。そして日が暮れて夕日が美しい。

f:id:Nisshi:20160924224358j:plain

さらにライトがついた熱帯雨林の中を行く。

f:id:Nisshi:20160924224518j:plain

しかし、あとHenderson wavesまで1.3kmという看板を見たのに、なかなか着かないと思っていると看板が出てきた。もう少しらしい。辺りはすっかり暗くなってしまった。

f:id:Nisshi:20160925002355j:plain

f:id:Nisshi:20160924224735j:plain

HortParkについてから約1時間が経った頃、やっとHenderson wavesにたどり着いた!飲料水の自販機があるが小銭しか使えず、お札しか持っていなかったので断念した。

f:id:Nisshi:20160924224838j:plain

この橋は木でできており、オレンジ系のライトアップがいい感じの雰囲気を出していた。若い人が多く、デートをしたり、友達と写真を撮ったりと、みな楽しそうだった。

f:id:Nisshi:20160924225111j:plain

f:id:Nisshi:20160924225336j:plain

特に夜景に興味はなかったが、これは美しいなぁと思った。

f:id:Nisshi:20160924225453j:plain

Henderson wavesを降りきると、最後に看板が道沿いに出てきた。どうやらここまで車で来ることもできるようだ。個人的には、HortParkから歩道橋を歩いてくる方がおもしろいし、気持ちがいいと思う。

f:id:Nisshi:20160924230311j:plain

下の道路から見ると、Henderson wavesはこのような感じだった。

f:id:Nisshi:20160924230539j:plain

さて、一時間歩いてお腹が空いたので、Wisma AtriaのJapan food townにある唐揚げを食べにいく。これは旦那が誰かからおいしかったと聞いてきた店で、確かに流行っていた。

www.sixmealsperday.com

f:id:Nisshi:20160924230821j:plain

私たちが頼んだのは、唐揚げとご飯がセットになったもので、私はレモンビールと柚子胡椒味の唐揚げを頼んだ。ご飯は白ごはんか五穀米かを選ぶことができる。他にも醤油、塩など、唐揚げの味と個数を自分で選んで注文することもできるし、テイクアウェイもできるので、夜ご飯を作るのが面倒な時に便利だ。あとカウンターがあるので、ふらっと一人で食べて帰ることもできる。

f:id:Nisshi:20160924231102j:plain

「おいしいです!」と日本の店員さんへいい、ごちそうさまでした~とお辞儀をして店を後にした。ここの唐揚げはカリッと揚がっていて鶏肉は柔らかく、本当においしい!そして、SGD10.5と非常に安い。(しかしビールはやはりSGD10/杯。もう一個セットを食べれてしまう・・・)

自然に囲まれた遊歩道を歩いて涼み、夕日を見て、不思議な形のHenderson wavesで写真を撮る練習をして、最後にビールと唐揚げでしめるなんて何という幸せな一日なのだろう。と思いながら、少しづつ上達している自分の写真をPCで見ながらニヤッとした。