シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

南国リゾート系の服屋とタイ料理屋めぐり

バックパッカーのお供だったペラペラのズボンを今は自宅で履いているが、ついにお尻の部分が割けたので、Lucky plazaに新しいものを買いに行くことにした。Lucky plazaの1階にあるフィリピーノがよく来そうな感じのお店で以前購入し、割と長持ちしたのでまたその店を探す。リノベーションされてお店の雰囲気が変わっており、見つけるのに苦労した。ここではバックパッカー的な旅をする時に便利なズボンや、ちょっとビーチへ行く時に着るようなロングスカート等が安く手に入る。ちなみに私は、ズボン2枚とロングスカート1枚を買い、SGD30だった。

(陽気なフィリピーノの店員さん。少し日本語が話せる)

f:id:Nisshi:20160917221012j:plain

場所は、このダイソーとユニクロのパクリのような店を正面にして、右に向かってずっと歩くと出てきます。

f:id:Nisshi:20160917221732j:plain

そして、China townにあるもう一つのお気に入りの安い服屋へ行く。ここはChina town駅のA出口のエスカレーターを出てから5分くらいまっすぐ歩くと、右側に出てくる。服屋の建物を見上げると、”PAGODA HOUSE”と書かれている。

f:id:Nisshi:20160917221832j:plain

f:id:Nisshi:20160917221946j:plain

ここは南国系のロングスカートが好きで、よく買いに来る。1枚SGD10と安くてかわいい。

f:id:Nisshi:20160917222126j:plain

今日買ったのは、全部でズボン2枚とスカート2枚でSGD40(3200円くらい)だった。安くて大満足。

f:id:Nisshi:20160917222258j:plain

そして夜ご飯にタイ人のパビーナさんから教えてもらった、もう一つの美味しいタイ料理屋さんMai Thai restaurant(http://www.maithai.com.sg/)へ行くことにした。ここもHolland Villageにあり、前回行ったNakhon Kitchenよりも店内はモダンで高級感があり、雰囲気がよい。(店内の半分くらいが、既に予約席になっていた)

f:id:Nisshi:20160917223124j:plain

f:id:Nisshi:20160917222912j:plain

我々は揚げ春巻き、チキンのラープ、豚のラープ、白ごはん、シンハビールとタイミルクティを注文した。まず春巻きが出てくる。中の具材が大きくておいしいし、まだそんなに辛くはない。

f:id:Nisshi:20160917223057j:plain

次にラープが運ばれてくる。私はチキン、旦那は豚のラープを食べたが、チキンのラープは恐ろしく辛い!!辛すぎてビールでは間に合わず、甘いタイミルクティを追加で頼む。そして、ラープ→ご飯→ミルクティの順番で辛さを中和しながら食べるが、辛すぎてもう味が分からなくなってしまった。ここで、旦那にバトンタッチをする。

f:id:Nisshi:20160917223324j:plain

「辛い!!暑い!!」と言って、旦那は顔と頭から汗がふき出てとんでもないことになっていた。それを遠くから見ていた店員さんが笑い、そして水と汗を拭くためのナプキンを持ってきてくれた。「次から、Less spicy(辛さ控えめ)と言って注文するといいですよ」と店員さんが言う。

f:id:Nisshi:20160917223755j:plain

全部でSGD80くらいだった。タイ料理屋のラープは結構辛いので(ラオスで食べたものは、そんなに辛くなかった)、2人の場合はラープを1つを頼み、白ごはんを2つ頼むくらいでちょうどいいかもしれない。辛い物が苦手な私は、辛さを中和するためにタイミルクティが必ずいる。

前回Nakhon Kitchenで辛いラープを食べた次の日に見事にお腹を下したので、おうちに帰り、昨日に引き続き胃によいとフィジーで聞いた、グアバを皮のまま食べる。

f:id:Nisshi:20160917224304j:plain

安く服も買えたし、おいしいタイ料理も食べることができたし、今日は久々にショッピングとグルメを堪能した一日でした。