読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

9/10(土)-9/11(日)それでも行くビンタン島

こないだマレーシアのデサルーへ行き、”ビンタン島よりもデサルーの方が安くて近くて楽だし、ビーチのきれいさも変わらない”と言っておきながら、連休なのでビンタン島へ行く。3連休なのに旅行の計画をするのが遅すぎて、近隣諸国のフライトが高くなってしまったので、その分ビンタン島のいいホテルを楽しむ1泊2日のショートトリップにすることにした。

今回は旦那と一緒なので、Banyan Tree Bintanに泊まる。ビーチの綺麗さなんて期待していなかったのだが、デサルーと同じくらいと言ったのを今回訂正することになった。思いのほかビーチは綺麗で、透明度はよくないもののシュノーケリングもすることができた。

www.banyantree.com

 3連休なので、Tanah Ferry Terminalは人でごった返していた。Check inカウンターで予約表を見せて船のチケットを受け取り、スーツケースを預ける。そして、コーヒーとちまき(?)のような食べ物を買って、船に乗りこむ。

f:id:Nisshi:20160911200409j:plain

f:id:Nisshi:20160911200501j:plain

f:id:Nisshi:20160911200531j:plain

このちまきはお米ではなく、クスクスみたいなものでできていた。葉っぱに巻いたままで食べたかったのに、はがされてナイロンに裸で入れられ、ちまきとは別の食べ物になってしまった。

f:id:Nisshi:20160911200610j:plain

ビンタン島のフェリーターミナルに着くと、ホテルのスタッフがさっそく出迎えてくれた。今回は近くて、車で15分でホテルに到着する。

f:id:Nisshi:20160911200854j:plain

f:id:Nisshi:20160911200801j:plain

f:id:Nisshi:20160911203451j:plain

ホテルの敷地内はとても広いようで、このカートで移動する。

f:id:Nisshi:20160911203705j:plain

全室ビラで、とても静か。茶系のシックな室内の真ん中にベッド、サイドにソファ、扉を開くと海を見渡せるバルコニーと小さなプール(?)があった。プールではなく、湯の出るジャグジーだと最高なのだが・・・。キャンドルやお香も置いてあり、バリ風の素敵な部屋の雰囲気と香りを夜に楽しむことができそう。

f:id:Nisshi:20160911203902j:plain

f:id:Nisshi:20160911203937j:plain

お腹がすいたので、早速ランチへ行く。夜はインドネシア料理を予約しているので、昼はイタリアンにすることにしたが、ここは本当に高い!日本だと2人で居酒屋で結構飲み食いして、その後にコーヒーとケーキを食べることができる。

(ビーチが見渡せて、景色はよい)

f:id:Nisshi:20160911204408j:plain

 降っていた雨が止んだので、ビーチへ行くと「僕は別に本とか読んでるからいいよ」みたいなことを言っていた旦那も、思っていたより水が綺麗で、やっとシュノーケリングに乗り気になってくれた。ビーチにマリンセンターがあり、シュノーケルセットを一人1,000円くらいで借りることができる。

f:id:Nisshi:20160911204628j:plain

こんなに水が綺麗とは知らなかった。

f:id:Nisshi:20160911204656j:plain

透明度はそんなによくないものの、岩の近くへ行くと珊瑚があり、魚を見ることはできて楽しい!疲れたので一度浅瀬に戻り、シュノーケルのゴーグルを外すと旦那が「顔に跡がすごくついててやばいよ・・・ゴーグルをしてた方がいいよ」と失礼なことを言う。しかし、近くにいた人に「魚いますか?」と聞かれて、ちょっと恥ずかしくておでこを隠しながら「あ、はい。います」と答えた・・・。ディナーまでに取れるといいのだけれど・・・。

f:id:Nisshi:20160911205214j:plain

またカートに乗って部屋に戻ると、タオルとお花でかわいい演出をしてくれている最中だった!

f:id:Nisshi:20160911205500j:plain

f:id:Nisshi:20160911205528j:plain

そして、なぜか亀の人形をもらった。

f:id:Nisshi:20160911205602j:plain

ディナーは、部屋のすぐ近くにあるインドネシア料理へ行く。メニューに写真がないので、よく分からないなりに頼むと、ミーゴレンとサテーがきた。あと、エビせんのようなスナックに、色々な種類のスパイスをつけて楽しむこともでき、ビールに合ってよい。

f:id:Nisshi:20160911205950j:plain

旦那の誕生日が近いので、こっそりレストランへ事前に事情を話し、サプライズでケーキを最後に出してほしいと言っていたのだが、スタッフが普通にデザートメニューを持ってきた!まさか忘れているのでは・・・と冷や冷やしていたが、別のスタッフを横目で見ると『今、もってきてもいいか?』のようなジェスチャーをしたので、静かにうなずいた。

すると、少したってからスタッフがハッピーバースデーを歌いながら、思っていたよりも大きなチョコレートケーキを持ってきてくれ、ホッとした。

f:id:Nisshi:20160911215811j:plain

次の日の朝は綺麗に晴れたので、チェックアウトまでひと泳ぎしていると、浅瀬でもこんな小さな魚の群が見える。

f:id:Nisshi:20160911210955j:plain

『もう一泊したいなぁ』と思いながらもホテルを出てフェリーに着き、船が出るまであと1時間あるので、カフェでランチを取ることにした。私は焼きそばのUFOの辛い版のようなものを、旦那はラーメンを食べていた。2つで90,000ルピアだから、800円弱くらい。ちなみにラーメンは激辛らしく、旦那は口直しにミルクティーを買いなおしていた。

f:id:Nisshi:20160911211438j:plain

短い滞在だったがホテルがイケていたのと、ビーチが思っていたよりもきれいだったので、充実した2日間だった。「楽しかったねぇ」と旦那と言いあいながら、フェリーで1時間揺られてシンガポールへ帰っていった。

(暇そうなカフェの店員さんが、カウンターに座ってしまっている)

f:id:Nisshi:20160911220549j:plain