シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

マレーシアに徐々に攻め込む ~まずはDesaru~

シンガポールの知らない一面を探しつつ、お隣のマレーシアに攻め込むことにした(といっても、すぐシンガポールに帰ってくるんですが・・・)昔、クアラルンプール、ペナン、ランカウイ、マラッカへは行ったが、他にもきれいなダイビングスポットやリゾートもあるし、気合でバスで安く色んな所へ行けそう。

旦那が3日間の出張なので、今回はシンガポールから気軽にフェリーで行けるマレーシアのビーチ”デサルー(Desaru)”へ行くことにした。本当は、クアラルンプールからバスで5時間のキャメロンハイランドという紅茶園へ行こうとしたのだが、長距離移動が続くのと(シンガポール→クアラルンプール→キャメロンハイランド)この泊まりたかったホテル”キャメロンハイランズリゾート”(http://www.cameronhighlandsresort.com/)が結構高いし3日では帰って来れないので、諦めた・・・。

朝10:30出発の船なのに、90分前にカウンターに来いという。タクシーでチャンギフェリーターミナルへ向かっていたら運転手さんが「チャンギポイントフェリーターミナルか、チャンギフェリーターミナルのどちらですか?2つあるんです」と言い出し、???となって、チャンギポイントフェリーターミナルへ行ったら間違いだった。カウンターのおじちゃんが「Tanjung Belungkor(Desaru)へ行くのは、チャンギフェリーターミナルです。ここからタクシーで10分くらいですから、この住所を運転手に言いなさい」と親切にメモを渡してくれた。

タクシーはすぐに見つかり、正しいフェリー乗り場へ到着した。ターミナルに入ってもカウンターは閉まっており、人がいない。警察官が2人いたので、どうすればいいのか聞くと「ここで待ってなさい」と言われた。チケットブースの写真を撮ろうとすると、厳しく止められた。

f:id:Nisshi:20160907202003j:plain

f:id:Nisshi:20160907202105j:plain

出発が10:30なのに、結局セキュリティーとパスポートコントロールへ入れたのは、10:15。なぜ90分前に来なければならないのだろう?私のようにフェリーターミナルを間違う人が多いからだろうか・・・。ところで、パスポートコントロールを通り、フェリーの待合室で待っているとなぜかスタッフに呼び戻された。どうやらセキュリティーへ進む前にカウンターで予約表を見せて、チケットと番号札を受け取らなければならなかったらしく、私はそのプロセスをすっ飛ばして待合室まで来てしまっていた。

(これがいるのです。フェリーは往復でSGD38で、ここから予約ができる

http://www.easybook.com/ferry-ticket/Singapore-to-Tanjung_Belungkor

f:id:Nisshi:20160907202459j:plain

f:id:Nisshi:20160907202543j:plain

時間になり、番号札をお兄さんに渡してフェリーへ乗り込む。

f:id:Nisshi:20160907202716j:plain

f:id:Nisshi:20160907202804j:plain

フェリーには20人くらいしか乗っておらず、出発から20分くらいでもうマレーシアのフェリーターミナルに着いてしまった。

f:id:Nisshi:20160907202950j:plain

f:id:Nisshi:20160907203040j:plain

パスポートコントロールとセキュリティーを抜けて外に出ると、ホテルに頼んでおいたタクシーを見つけた。約30分このような木々がボーボーと生い茂る道を走り、今回泊まるホテル”tunamaya beach and spa resort”(http://www.desarutunamayaresort.com/)に到着する。タクシー代は固定で70リンギット(約1750円)。

f:id:Nisshi:20160907203339j:plain

このホテルは大きく、また普通にきれい。石鹸、歯ブラシ、シャンプー、ドライヤーもあるので、安心した。

f:id:Nisshi:20160907205312j:plain

f:id:Nisshi:20160907203620j:plain

お腹がすいたので早速ランチを取る。レストランにはウェスタンからマレー料理まである。メニューは少し品数が少ないが、サテーとパイナップル入りの焼き飯とビールを頼んだら「ハラルなので、お酒はございません」と言われた・・・。ビールを飲みながらサテーを食べるのを楽しみにしていたのだが、しょうがない。一品20リンギット(500円くらい)だった。

f:id:Nisshi:20160907203954j:plainf:id:Nisshi:20160907203915j:plain

その後ビーチを見に行くが、曇りだったからか時期的にか、正直そんなにきれいではなかった。まぁ波の音を聞きながら、ボーッとするだけでも気持ちがよい。(スタッフが、飲み物はいかがですか?と聞きに来てくれる)ちなみに涼しすぎて泳げない。 

f:id:Nisshi:20160907210430j:plain

f:id:Nisshi:20160907204504p:plain

f:id:Nisshi:20160907205207j:plain

マレーシアだけあり(?)、ビーチの側に猿がいる。

f:id:Nisshi:20160907205510j:plain

変わった鳥もいる。

f:id:Nisshi:20160907205620j:plain

タイマッサージのスパもあるのだが、外観からして入るのをためらった通り、ここはあまりお勧めしません・・・。昔バンコクで受けたタイマッサージを期待していたが、もはやタイマッサージではなかった・・・。ちなみに1時間で80リンギット(これで2000円は高い)

f:id:Nisshi:20160907205820j:plain

在宅ワークのクラウドワークスでゲットした記事を書く仕事をしながら、ビーチを眺める。シンガポールでもマレーシア人ときっと接しており、マレー料理も食べれるけれど、やはり異国にいるというだけでなぜかリラックスできるのが不思議だ。

明日少しだけでも晴れて、泳げますように・・・。