シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

写真スクール:6回目(National Galleryで)

8月から行き始めた写真スクールも、もう6回目になった。今日はNational Galleryで練習をする。シンガポール人のジェスさんと、タイ人のパビーナさん、インド人のパネーシャさんとメインエントランスで合流したが、先生が集合時間の10時を回っても来ない。みなさん「エントランスが2つあるし、集合場所が間違ってるのかなー」「なんで来ないんだろう・・・」と心配していたが、私は『ただの遅刻だろう』と思っていた。シンガポール人だし、前にBotanic gardenの集合も、普通に遅れて来られてましたので・・・。

その間、シンガポール人のジェスとお話していた。「週末何してるの?」「家族で映画を見に行ったりするよ」「セントラルエリアに?」「いや、セントラルエリアは高いからいかないよ。タンピネスにあるショッピングモールの映画館に行くよ」え?映画の値段も、同じシンガポール国内で違うの?!そうこうしていると、先生は普通に「遅れてごめーん」とラフな格好で現れた。やっぱりね(笑)

今日はライトメーターの使い方や、Less is moreの構図を練習する。National Galleryを選んだのは雨でも屋根があるし、館内は天井から光が差し込むので、ライトを調整する練習にちょうどいいらしい。

ところでNational Galleryは、割と流行っていて人が多い。それに知らなかったけれど、結構広くて6階まであり建物が2つもある。

f:id:Nisshi:20160903152059j:plain

f:id:Nisshi:20160903152253j:plain

まずはライトメーターをうまく使って、光の量をコントロールする練習をする。「みなさん、カメラは機械なのでどうしてもMiddle tone(白・グレー・黒と分けた場合のグレー)を捉えにいってしまいます。自分で取りたい写真の明るさに合わせて、光の量をライトメーターで調整してください。こんな風に」と、先生がデモンストレーションする。

f:id:Nisshi:20160903152911j:plain

これは私のカメラでいう”測光モード”というのを使って、練習する。このモードにはスポット、中央重点、マルチの3種類があるが、各モードの違いがよく分からないと先生に言うと、私のカメラで撮ってくれた。

こちらスポットを選択した場合。

f:id:Nisshi:20160903153001j:plain

こちら中央重点を選択した場合。

f:id:Nisshi:20160903153111j:plain

「中央重点の方が、真ん中を中心に広く光が入るんだよ」なるほど。そうすると、スポットはどういう時に使うのかよく分からないまま、次に進む・・・。

「次は、構図の練習をしましょう。何を見せたいのかが分かるように、Less is moreを心掛けてください。みなさん、30分で12枚写真を撮って、カフェテリアで待ち合わせましょう」練習なので仕方がないが、National Gallery内で撮りたいと思うものが見つからない・・・。しかし時間内に12枚撮らなければ!と焦り、よく分からない写真を撮ってしまった・・・。

f:id:Nisshi:20160903153953j:plain

f:id:Nisshi:20160903154110j:plain

f:id:Nisshi:20160903154145j:plain

この船から足が生えているオブジェは、子供がお絵かきをして遊ぶコーナーの天井にぶら下がっていたが、怖い。

f:id:Nisshi:20160903154225j:plain

子供が段ボールとチラシで作った作品もある。(余計なものがたくさん写ってしまった・・・)

f:id:Nisshi:20160903154347j:plain

絵本の中に、迷いこんだみたい。

f:id:Nisshi:20160903154305j:plain

最後にみんな先生へSDカードを渡し、先生のPCへ写真を保存する。これを来週月曜日にプロジェクターで見ながら、先生がコメントしていく。「写真で大切なことに、3つのCというのがあります。Control、Consistency、Creativityです」Controlは、たくさん撮っていい写真を一枚探すのではなく、一ショットでいい写真が撮れるようにすること。Consistencyは安定的にいい写真を撮れること。Creativityは、独自の発想で写真を撮れることだが、これが一番難しい。

(ちなみに先生が本日撮った、Creativeな写真はこちら)

Source: https://www.instagram.com/p/BJ4Wp8mgzje/

f:id:Nisshi:20160903164401j:plain

「どうすればCreativityを鍛えられますか?」と聞くと「クレイジーになってください。テキーラのショットをたくさん飲むとかね」とお茶目に言われた。つまり、我々は小さい頃から物事をしかるべき方法でやるようにしつけられたり、経験を通して自分で勝手に良し悪しを決めてしまうことがあるため、そういう既存の枠を取っ払って物を見たり、考えるということらしい。私は仕事ではもちろんCreativityは必要だと思っていたけれど、普段の生活でも写真を撮る時や、思いもつかない方法で遊んだりするCreativityがあると、飽きずに充実した生活が送れそうだなと、この時感じた。

「ではみなさん、月曜日に!See you~」と言って別れた。National Galleryがこんなに広いと知らなかったし、色々見るところがありそうなので、次はゆっくり絵の鑑賞に来たい。それに人と話したり、新しいことを知り、上達するのは楽しい。やはり外に出るのは大事だなぁ、と思った土曜の朝でした。

(この青いマーライオンの絵は、ちょっと欲しいかもしれない。かわいい)

f:id:Nisshi:20160903160612j:plain