読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

さすがシンガポール、図書館も近代的

通っている写真スクールから、”ベッドをクリエイティブに撮ってきて”という何とも難しい課題がでたので(汗)、一体どういう写真が良い写真なのか例をたくさん見ようと、Orchard Gatewayの3階にある図書館”library@orchard”(National Library Board > Visit Us > Branch Details)へ行くことにした。

この図書館はなんとも近代的な図書館で、まず館内のデザインがスタイリッシュだ。

f:id:Nisshi:20160829184403j:plain

入り口を入るとすぐ右側にスクリーンをタッチして、好きな新聞を電子で読めるコーナーがある。日本のように紙ではない・・・。

f:id:Nisshi:20160829184542j:plain

左側には雑誌がたくさん並んでおり、写真、ファッション、インテリア、ビジネスなどジャンルが幅広い。右側のスペースには本を読むための椅子がある。

f:id:Nisshi:20160829184728j:plain

f:id:Nisshi:20160829184701j:plain

さらに奥に進むとたくさん本があり、オープンスペースで本を読むスペースもある。ここにはコンセントがあるので、PCの作業もできそう。DVDの貸し出しも行っており、視聴できるようだ。

f:id:Nisshi:20160829185059j:plain

f:id:Nisshi:20160829184953j:plain

4階に上がると、1人でひっそり本を読むことができる場所もある。

f:id:Nisshi:20160829185314j:plain

f:id:Nisshi:20160829185343j:plain

日本文化に関する本を発見。日系企業で働く外国人が色々と戸惑うんだろうな・・・。

f:id:Nisshi:20160829185542j:plain

本は英語と中国語が大半で、残念ながら日本語は数冊しか見なかった。あと、日本のように、図書カードを作ったり、本の貸出や返却をするカウンターがない。どうやら図書カードは、この機械で自分で作る模様。(途中までやってみたが、SGD10くらいの支払を求められた。図書館でもお金を取りますか・・・この国は)本を借りる時も自分で本のバーコードを機械へスキャンするようで、返却は4階に返却スペースがあるみたい。ちなみに貸出期間は3週間とのこと。

f:id:Nisshi:20160829190207j:plain

雑誌の種類が多くてよい。あと、館内は他の建物のように恐ろしく寒くはないし、みな静かに本を読んでいる。机はあるが、数が少ないので長時間は居座りづらい。

しかしさすがシンガポール、図書館も近代的とは素晴らしい。でも、ちょっぴりよく通った明石公園の奥にある、自然に囲まれた明石市立図書館が恋しいかな。