シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

知らなかったシンガポール ~まるで南国の新興国のよう!チャリでウビン島散策~

今日はシンガポールから船で10分でいけるウビン島へ行き、都会とは別のシンガポールを探すことにした。最初に書いてしまうと、ここは本当にシンガポールか?!と思う程のジャングルで、野生の猿やイノシシにも出会うことができてびっくりした。自転車でココナッツの木々の中を走り抜けるのは本当に気持ちが良くて、チャリをこぐとみな童心に戻るのか、島に来ていた人は大人から子供まで本当に元気いっぱいで楽しそうだった。

まずフェリーが出るChangi point ferryへタクシーで行く。

f:id:Nisshi:20160807175357j:plain

中にはいると、”Ubin行きはこちら”のような貼り紙があるので、右側のベンチで12人揃うのを待つ。(時刻表はなく、人数が揃うと船は出航する)間違った列に並ぶと、マレーシアへ行くことになる。

船は魚釣りへちょっと行く時に出すような、小ぶりの船でわくわくする。お金は一人SGD3を船に乗った後におっちゃんに渡す。

f:id:Nisshi:20160807175724j:plain

f:id:Nisshi:20160807175817j:plain

おっちゃんがゆるい感じで運転している。 

f:id:Nisshi:20160807175952j:plain

島につくとたくさんチャリを貸してくれるお店があり、旦那はマウンテンバイク、私は乗り慣れたママチャリを借りる。(SGD10/台)お店の人に地図をもらうことができる。

f:id:Nisshi:20160807180752j:plain

まずなぜかウビン島にもチベッタン仏教寺院(Wei Tuo Fa Cong Temple)があるらしいので、そこまでいく。チャリを借りた場所から15分くらい走ると、看板が出てきて、さらに奥へ進むとチベット語のマントラが書かれた旗が見えた。

(こういう道は大丈夫だが、後で行くチェックジャワという所までの道のりが険しく、ママチャリを後悔することになる)

f:id:Nisshi:20160807190604j:plain

f:id:Nisshi:20160807180902j:plain

f:id:Nisshi:20160807180948j:plain

f:id:Nisshi:20160807181355j:plain

f:id:Nisshi:20160807181042j:plain

f:id:Nisshi:20160807181313j:plain

去年の日付のものしかなく中国語が分からないのだけれど、ここでチベット仏教僧による催し物があったようだ。

f:id:Nisshi:20160807181526j:plain

そしてこの向かいには中華系のお寺がある。そこにおばあちゃんがいたので「英語を話しますか?」と聞くと、「話せないのでカウンターにいる人に聞いて」というようなことを言っている。その後もずっと中国語で何か話してくれているのだが、わかりません・・・。カウンターの方へ行こうとすると一人の男性が「どうしましたか?」と英語で助けてくれた。

f:id:Nisshi:20160807183206j:plain

「この向かいの寺はチベット仏教のお寺ですか?」「そうです。チベット人ではなくシンガポール人のチベット仏教徒が参りに来ます。こちらはタウの中国仏教の寺です。他にもイスラム教の寺が奥に、キリスト教会もじきにできますよ」とのこと。ちなみに”タウ”とは、中国四川省カンゼ・チベット族自治州東部に位置する県だそうで、中国とチベットの勢力がぶつかる地であったそうだ。(Source:道孚県 - Wikipedia)本当に近距離に色んな宗教の寺があり、多様性を重んじるシンガポールならではだなと思った。

そろそろお腹がすいたので、一旦チャリを借りたあたりにご飯を食べに戻る。シーフードのお店に入り、焼きめしとエビの唐揚げ、貝入り野菜炒めを頼んだ。焼きめしは醤油の焦げた香りがして私の口には合わなかったが、他の料理はおいしかった。ココナッツジュースとコーラもいれて、全部でSGD40だった。

f:id:Nisshi:20160807183559j:plain

f:id:Nisshi:20160807183736j:plain

f:id:Nisshi:20160807183815j:plain

さて、ここからはチャリで20分くらい走り、マングローブが美しいチェックジャワという場所を目指す。道中はココナッツの木々が美しく、猿にも遭遇した。車がほとんどは知らないので、坂道をスピードを出して下るのはとても気持ちがいい。

f:id:Nisshi:20160807184248j:plain

f:id:Nisshi:20160807184359j:plain

道が途中でコンクリートから砂利や凸凹した道になる。マウンテンバイクでも坂道を押している人がいるが、私は根性でママチャリで登る。するとチャリ置き場が見え、ここからは歩いてしか入れなくなる。

f:id:Nisshi:20160807184607j:plain

マングローブを見たり、海の上の歩道橋を歩くコースで、一周すると約1時間くらいだと思う。

f:id:Nisshi:20160807184935j:plain

f:id:Nisshi:20160807185024j:plain

f:id:Nisshi:20160807185124j:plain日差しは強いが風が吹くと涼しくて、潮の香りがとても気持ちよい。途中で自販機もあるので、飲み物も買えて助かった。(小銭もしくはSGD2札しか使えない)

f:id:Nisshi:20160807185341j:plain

ここからまたママチャリで元来た道を戻ろうとすると、なんとイノシシがいる!私は野生のイノシシを見たのはこれが初めてだった。

f:id:Nisshi:20160807191406j:plain

最後にアイスカチャン(かき氷)をSGD3で食べて休憩した。(なぜかトウモロコシがのっている)

f:id:Nisshi:20160807185544j:plain

帰りの船が何時までやっているのかわからないが、我々は15時すぎくらいにちょうど12人集まった船に乗って、帰ることができた。この島は広いようで、まだまだ散策できそう。都会に疲れたら、ぜひここにまた遊びに来たいと思った。

島の中には主要ポイントの看板のようなものがあり分かりやすい。トイレもあるので、青空トイレは免れた。(ティッシュはないことがあるので、持っていった方がいい)携帯は使えるが、マレーシアが近く勝手にマレーシアの携帯電話会社のサービスに繋がっていたようで、こまめにチェックが必要・・・。島の中ではクレジットカードは使えなさそうなので、キャッシュとできれば細かいお金があるといいと思います。