読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

ここはシンガポール。自由なライフスタイルの模索

突然ですが、今日は先日インターネットで見つけた「ライター募集」へ応募し、試験(というか課題?)まであるので、それを提出してみた。これはどこかの会社に属するのではなく、在宅ワークとして(まぁ、どこにいてもいいんですが)Web上で記事を書いてお金を稼ぐというもの。試験に合格するとお仕事がもらえるらしい。確か「海外在住 ライター募集」で検索し、結構色んなライター募集のサイトが出てきたような。

私は実は2~3年前に、大阪編集教室という学校のライター養成コースを卒業しているのだが、そのまま書くことなく慌ただしいサラリーマン(?)生活が過ぎていった。もともと海外旅行が好きで、この素晴らしい体験をみんなに伝えたい!トラベルライターになりたい!と思い書く技術を学び始めたので、せっかく3か月も色々な国を旅したのだし、これを機に何か書くことができればと思った。

今回の長旅の静養が終われば、最終的にはシンガポールでまたサラリーマンに復帰する予定だけれど、ブータンを旅した時に『頑張って働いても働いても、搾取され続ける人生はもうごめんだ』と感じたことと、シンガポールとネパールに住む全く別のスピリチュアルな方が、なぜか2人そろって「年内くらいは今のように好きなことをした方が良い」と言うので、会社に属さずに仕事をする方法がないのか調べていると、結構あるようだ。

海外在住の日本人ができる仕事はこんなにある!自分だけの「ナリワイ」をつくりましょうよ。 | Tatsumaru Times

このサイトでは、現地ガイド、ライター、翻訳、日本語教師、何でもいいから自分の特技を売る、おっさんのレンタル(?)まで、様々な職が紹介されている。働くにはどこかの会社に属するしか思い浮かばなかったが、頭をひねったり、色々調べると出てくるものだ。

それにこのブログに紹介されている”自分の生業(ナリワイ)を作る”と言うのは、いい考え方だと思う。これは会社に属さずに稼げる方法はたくさんあるというもので、自分のライフスタイルに合わせて仕事を調整できるだろうし、結婚・出産・子育てなどライフステージごとに生活がガラリと変わる女性には、仕事量がコントロールできてよいかもしれない。ただ自分の強みや専門性を認識し、自分で仕事を取っていったり、作り出す自発力が必要だとは思うが。

ちなみに私はライターと日本語教師に興味があるので、さっそくトライしてみよう♪