シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

7/24(日)休養とブログを一気に更新

昨日の続きですが、ものすごい胃痛と熱が突然38度まで上がった後、すぐに病院へ行くことにした。日本語が通じる病院へ電話をしても土曜日で、しかも夕方だったのでもう空いていなかった。英語でならRaffles Hospitalが24時間緊急外来をしているので、そこへ行くことにした。

ただ普通に行くとすごく待つことになるので、スリランカで病院へ行った時と同様に海外旅行保険の緊急コールセンターへ電話をし、症状とすぐにRaffles Hospitalへキャッシュレスへ行きたい旨を伝え、その保険会社から病院のアポを取ってもらった。これは非常に便利で、病院へ行くとレセプションが事前に状況を保険会社から聞いているので、私をすぐに診療に通してくれる。

いくつかの問診と(胃痛と熱があること、今朝フィジーから帰ったこと、それまで色んな国を4月から旅し続けていたこと等)、お腹のどこが痛いのか触診をした結果、旅の疲れやストレスとガスが溜まっていることが原因だった。「注射しますか?」と先生が言うので「薬を飲んで治るのでしたら、注射はいらないです」とお断りした。特に何かに感染している訳でもなく、すぐに診療も終わり薬も出たので安心した。その日は旦那が朝5時に空港に迎えに来てくれ、夕方は病院へ連れて行ってくれ、夜はおかゆを作ってくれ、何から何まで面倒を見てもらいながら寝た・・・。(本当にすみません・・・)

今朝は熱は37度ちょっとまで下がり、全身が少しだるいものの昨日のような激しい胃痛はなくなったので、安静にフィジーで更新できなかったブログを一気に更新していた。(冷えピタはシンガポールでも売ってます)

f:id:Nisshi:20160724183642j:plain

やはり長旅の後は、しっかり休養が必要ですね。しばらく消化の良いものを食べて静養し、8月のお盆に母がついにシンガポールに来てくれるので、その時には確実に元気なっているようにしよう。

あと、暑い国を周ってボロボロになった髪と爪、そして顔にできたシミをどうにかしなければならない。さらにせっかく習ったスキューバダイビングを忘れないよう、1か月以内にどこか近場でおさらいしたい。あぁ、やりたいことがたくさんあるので、早く治って!!