シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

7/22(金)フィジーの旅の終わり

今日の18時にホテルを発つので、もう一度シュノーケリングと青空と海の写真を撮ろうと思ったのだが、雨が降ったりやんだりで後者は叶わなかった。

朝ごはんを食べてからシュノーケリングへ行ったが、確かにざぁざぁ雨が降っていた昨日の方が水は透明だった。昨日より陽はさしているものの寒いので、40分くらいで引き上げた。

シャワーを浴びてランチを取り、なんとか綺麗な写真が撮れないか、陽がさす一瞬を狙って海辺をブラブラしていた。

f:id:Nisshi:20160724163624j:plain

f:id:Nisshi:20160724163713j:plain

f:id:Nisshi:20160724163819j:plain

何人かが声をかけてくる。まずは野外マッサージのおばちゃん。「Bula(こんにちは)、どこ出身?名前は?今日帰るの?飛行機に乗る前にマッサージが必要よ(といって、少し揉んでくれる)」「今写真撮りたいから、多分後でね」と言っておいて行かない。次によく知らないお兄ちゃん。「Bula。ちょっとこっちこっち。ここに座って。テレパシー」「テレパシーって何?しかもここ濡れてるやんか」何かと思ったら暇でおしゃべりしたいだけのようなので、写真撮りたいからバイバーイと言って去る。

次はホテルの部屋を掃除してくれたおばちゃんが、なぜかSHOPと書かれた小屋から手招きしている。

f:id:Nisshi:20160724163117j:plain

f:id:Nisshi:20160724163155j:plain

「あれ?このお店やってるの?」「違う、ここは姉妹(どちらかわからない)の店で、彼女が町に出ているので店番をしているだけよ」お店には木で作った置物などのお土産や、奥にはカップラーメンやお菓子、飲み物や歯ブラシなどの日用品が売っていた。これはかなり助かると思う。ホテルの周りにはスーパーはなく、レストランのご飯は結構高いので(たいしたことのないランチでも20フィジードル弱(1200円くらい)した!)、若ければ昼なんてカップラーメンでいいと思う。ここでもまぁ、ちょっとそこに座って。と言われて少しおしゃべりする。

f:id:Nisshi:20160724163249j:plain

f:id:Nisshi:20160724163337j:plain

最後にカヤックのようなボートで、豚を買い付けに行く(?!)というおばちゃんと遭遇し、一旦ホテルに戻った。

f:id:Nisshi:20160724163439j:plain

結局きれいに晴れることはなく、曇りのまま夕方に最後の海を見に行った。潮が引き、午前中にシュノーケリングしていた場所を歩くことができる。

f:id:Nisshi:20160724164037j:plain

f:id:Nisshi:20160724164120j:plain

f:id:Nisshi:20160724164219j:plain

ここは本当に楽園だった。ココナッツの木や色鮮やかな植物や花、美しい海、魚、サンゴ、料理は私が泊まったホテルはイマイチだったが(欧米人向けの肉中心のメニューがメイン)食べ物を除けば、フィジーでトラブルは一つもなかった。(どの旅先でも必ず何かトラブルがあった。特に宿に関する問題が多かった)シンガポールから直行便で10時間でここに来れるのなら、毎週でも通いたいくらいだ。

23時のフライトで空港まで2時間のドライブなのに、金曜の夜は混むとかで18時にはホテルを出発する。途中で前に4台くらいの車が走っていた時「ね?混んでるでしょ?」とドライバーさんに言われたが、彼を日本のGWかお盆の高速道路に連れて行き、混むというのはどういうことかを見せてあげたい。

1時間くらい走った所でドライバーさんが「友達の車が道で壊れたらしいので、ちょっと時間をください」と言い、十分時間はあるので様子を見に行く。辺りはもう真っ暗になっており何もない。フィジーの治安に詳しくないが、確かにこのまま車が走らず、夜をここで越すとなると怖いなーと思った。ドライバーさんの車のバッテリーを貸して、エンジンをかけようとするがかからない。諦めて修理屋を呼ぶことになり、我々は空港へ向かう。フィジーでは助け合いの精神がすごくあるのだなぁと思った。

空港に20時についてしまい、飛行機が出るまで3時間もあるので、出国審査を済ませて夜ご飯を食べることにした。選択肢がハンバーガーかピザかパンしかなく、昼にチーズバーガーを食べたので、仕方なくピザにしたのが間違いだった。分量を間違ったんじゃないかと思うくらい塩辛い。途中で辛すぎて食べられなくなり、チーズバーガーを買いなおすことになってしまった。(結構高いのに本当にもったいない。みなさん、このピザ屋は要注意!)

f:id:Nisshi:20160724164544j:plain

早く野菜とか米とかまともな物を食べたいなぁと思っていると、若いヨーロッピアンが狂ったように近くで騒ぎだしてびっくりし、ピザ屋が負けじと音楽のボリュームを上げ、空港のアナウンスの音量が大きすぎてやかましく、最後に空港の職員が私の目の前のソファで横になってバックパッカーみたいに寝出したので、頭が混乱してきた。(さすがに私は空港職員の行いに吹き出してしまい、それを見た彼は席を離れていった)

明日の朝5時にはシンガポールにいるのかと思うと、何だか不思議な感じがする。空港に向かう途中に車でかかった最後のラジオの曲が「Take me home Country road」だった。ブータンへ行ったのが4/21、今日は7/22。一人旅を始めて約3か月だった。このくらいでちょうどいいのだろうなと思いながら、10時間のフライトを残して私のアジア+オセアニアの一人旅は無事終えようとしていた。

f:id:Nisshi:20160724170506j:plain