シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

6/24(金)-6/26(日)元同期との週末2泊3日のシンガポール観光

入社して10年、ほぼ毎月飲んでいた元同期がついに我が家に遊びに来てくれた。わざわざ金曜日と月曜日に有休をとって、片道6時間弱もかけてシンガポールに来てくれるなんてすごく嬉しくて、旦那と最高のおもてなしをしようと以下のような旅程を作ったら、彼女は日本で見ることのない目新しさにとても満足してくれたようだ。

[6/24(金)]

--->16:30チャンギ空港着

・夕食はチキンライスの美味しいお店へ(Loy kee best chicken rice)

[6/25(土)]

■午前

・マーライオンパークでお決まりの写真撮影(ちょっとこれは変ですが・・・)

f:id:Nisshi:20160626162224j:plain

・ガーデンズバイザベイで奇妙な形の植物の観察

f:id:Nisshi:20160626170457j:plain

■午後

・リトルインディアで南インドのタリーを食す(Madras New Woodlands)

f:id:Nisshi:20160626162349j:plain

・インド人御用達のショッピングセンタームスタファをうろうろ

・チャイナタウンでかき氷を食べる(Mei Heong Yuen)

f:id:Nisshi:20160626163759j:plain

f:id:Nisshi:20160626162404j:plain

f:id:Nisshi:20160626162435j:plain

・オーチャードセンター近くの足裏マッサージを受ける(60分 SGD40)

f:id:Nisshi:20160626162517j:plain

f:id:Nisshi:20160626162545j:plain

・女子受けしそうな雑貨屋さんでお土産を買う(マンダリンギャラリー4Fのメリッサ)

*シンガポールのお土産はすごく悩む。マーライオンのチョコかクッキーか、ドライマンゴーとか中華系の変なお菓子しかなくて、会社に持って行っても手を付けられずにずっと残っていることが多かった。ここは日本人が日本人を対象にしているお店で、パッケージが可愛く小奇麗なお土産が買えていいと思う。

f:id:Nisshi:20160626200019j:plain

f:id:Nisshi:20160626164616j:plain

f:id:Nisshi:20160626164647j:plain

・ニュートンのホーカーズでバクテー、サテー、ホッケンミーを食す

f:id:Nisshi:20160626162611j:plain

・Raffles HotelのLong Barでシンガポールスリングを堪能する

f:id:Nisshi:20160626164445j:plain

[6/26(日)]

■午前

・オーチャードの雰囲気を味わう

-オーチャードでフィリピーノがやっているような記念撮影

-フィリピーノ御用達のLucky plazaで、フィリピーノのあまりの多さに驚く(まだ朝の10時半)

f:id:Nisshi:20160626200115j:plain

-オーチャードの高島屋付近でパンアイスを食す(SGD1.2)

f:id:Nisshi:20160626200144j:plain

・空港のTerminal 3の地下でラクサを最後に食べる

--->13:55チャンギ発

私にとってはシンガポールは生活の場であり、去年シンガポールに引っ越しした頃こそこういう観光地を周ったけれど、その後このような場所へあまり行くことはなかった。けれど、今回元同期と一緒にキャッキャ言いながらもう一度行くとすごく楽しくて、さらに私が「何もなくてつまらない」と思っていた国で、彼女が色んなものに驚いたり、写真を撮りまくって喜んでくれたことがとても嬉しかった。それに私も数か月周辺国を旅して戻ってきて、改めてシンガポールの良さに気づいた。

チキンライスはやはりおいしいし、ホーカーズで初めてバクテーを食べたけれど意外といけた。(普段、私はホーカーズで食べることはない。割と高い綺麗な店で食べていた)ガーデンズバイザベイのOCBCスカイウェイという、橋の上を歩きながら奇妙な植物を見るのも初めてだったし、マーライオンと写真を撮るのにあんなにはしゃいだことはなかった。何より、私は日曜日にLucky plazaへ行くのが大嫌いだったが(シンガポール中のフィリピーノが集まっているんじゃないかというくらい、人がものすごく多い)、彼女は「うわ~何これー!!」と言って喜んで中に入り、写真を撮っていた。

色んな国を旅しながらガイドさんをいつもつけているけれど、もしかしたらお客さんがこういう風に喜んでくれるのが嬉しくて、彼らもやりがいがあるのかな?なんて思いながら空港で彼女を見送った。そして、写真を撮ってくれたり、荷物を持ってくれたり、朝ごはんを作ってくれたりと、色々と気を遣ってくれた旦那にお礼を言い(我が家に泊まっていた彼女に相当気を遣っただろう)、いつもの静かな我が家に戻った。

本当にあっという間にこの日がきて、すごい勢いで去っていった2泊3日だった。