読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

5/29(日)今回はスーツケースで

明日からネパール、北インド、スリランカと3週間の旅で、しばらくカレー生活が予想されるため、昨夜は新たに見つけた「石巻」でおいしい刺身や揚げ出し豆腐などの和食と日本酒を旦那と堪能してきた。最後になぜかどうしてもポテトフライが食べたくなり、仏様のような旦那さんはスーパーで冷凍のポテトフライを買い、おうちについてからフライパンで炒めてわざわざ作ってくれた。(頭が上がりませぬ!!)

そして今日は荷づくりをほぼ完了した。(右は夏物、左は春+冬物)

f:id:Nisshi:20160529171103j:plain

ネパールは最高気温30度くらいの夏だけれど、北インド(ラダック)は高地のため気温の変化が激しく、日が当たれば25-30度になるし、曇ったり風が吹くと10-15度になったり、朝晩は冷えて10度くらいなどだそうだ。ブータン同様に夏服と春服がいる。(パジャマは冬用にして、腹巻を持って行く)

スリランカも、ヌワヤラという高原に行くと20度くらいになるそうなので、今回は荷物が多すぎてスーツケースにした。(他に滞在するニゴンボやコロンボは30度くらいの夏だそうで)

さらに今回はインドは安宿なので、ドライヤーは部屋になさそうなので持って行く。(夜に10度くらいになって、髪を乾かせないと風邪をひく)あと、ゴキブリホイホイとコンセントに指すタイプの蚊よけも持って行く。だいたいの宿は蚊よけは部屋に備え付けられていたが、ラオスにいくと備え付けられておらず刺されたい放題になったので、自己防衛する。それにシーツの上に敷く布も調達したから、完璧だ!

3週間連続の旅は人生で初めて。特にインドの国内線(デリー→レー)の出発時間が6:15と非常に早く、これにきちんと乗れるかがとても緊張している。(空港近くのホテルに滞在し、ホテルの送迎で空港へ向かうため)

6月のラダックはインド人にとっても避暑地らしく、ラダックへいくためのデリーとレー間の往復飛行機の値段は、東南アジアのどこかで乗り継ぐ場合の日本-シンガポール間の料金と変わらないくらいだった。しかもレー行きの飛行機は満席だったので、ミスったらもうインドのどこか違うところへ行先を変えるしかない・・・。

まぁ、そんなことにはならないだろうけど、少し心配なのはそれくらいかな?ラダックについてしまえば、申し込んでいる現地旅行代理店さんに何から何までお世話になるので、もう困ることはないと思う。

さぁ、明日からまた色々なものや景色を目に焼き付けて、体調万全でセーブしながら安全に旅を続けます!