シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

4/30(土)ハノイ市内の楽しみ方

ハノイ市内は何かをみて観光するというよりも、街をぶらぶらして人々を眺めたり、食べたり、バイクタクシーにニケツで乗ったり、お店のおばちゃんと価格交渉をして何かを買ったりするやりとりが楽しい。

一応、ホーチミン廊へは行き、ホーチミン博物館へ行こうとしたが閉館だったり、ハノイ唯一の世界遺産も見に行こうとしたが、14時から開館と言われ、その時12:30くらいだったので遠目にその建物を見てよしとした。

代わりにその辺のローカルデザート店で、ココナッツミルクにゼリーやマンゴーなどの果物が入ったスイーツを食べたり、バインミー(フランスパンにパクチーや野菜、牛肉などが入ったサンドイッチ)を道端の小さなテーブルとイスで食べたりして、楽しんでいた。

f:id:Nisshi:20160502111528j:plain

f:id:Nisshi:20160502110705j:plain

その後も入ったお土産屋さんで見つけたロングスカートが気に入り、1つでUSD7というので、USD5しかないからまけてよ。というやり取りの末、おばちゃんがもうーしょうがないわね・・・とちょっと残念そうに袋に入れてくれたかと思いきや、道端で売っていた小さなドーナツに気を取られてちょっと味見すると、お姉さんキレイとか何とか言って、まんまとドーナツを勝手に袋に入れられたりする。10,000ドンといったので20,000ドン札を渡してお釣りを待っていると、ドーナツをもっと入れられてお釣りは返ってこなかった(笑)それでも日本円にして100円なので、そのちょっとした楽しいやりとりとお姉さんととった写真代と思えば、安いものだった。

一番面白かったのは、市場のトイレ。2,000ドン払ってティッシを受け取り、中に入ると、右側には我々が通常見るドアのある個室のトイレがある。しかし左側にはドアがなく、便器と便器の間に低い仕切りだけがあるトイレがある(!!)私は誰がこんなの使うの??と思って個室のトイレに入り、ドアを開けて外に出ると、見事にドアのないトイレを私の目の前で使い、用を足しているおばちゃんを目撃してしまった。その後もみなドアのないトイレを使っている。ブータンで青空トイレデビューはできなかったが、このドアなしトイレはハノイにいるうちにデビューしてみよう。(そのトイレの写真を撮りたかったのだが、次々と使われるのでさすがに撮れなかった。代わりに市場の写真をどうぞ)

f:id:Nisshi:20160502111446j:plain

あと、なぜかすごく混んでいるアイス屋さんがあった。お年寄りから子供まで、みなアイスを食べている。原付をお店に乗り入れてまでアイスを買っている。一つ50円くらいで少しココナッツの味がしておいしいが、そんな行列をつくってまで原付を乗り入れてまで買うもんなんだー。と、ちょっとびっくりした。

f:id:Nisshi:20160502111323j:plain

f:id:Nisshi:20160502111348j:plain

夜は家族でやっているローカル感満載の小さなお店に入り、チキンライスがあったので、シンガポールとどう違うのか注文してみると全然違った。ハノイの方が、野菜や香草がたくさん使われ甘酸っぱい味がする。ご飯は何かの味付けで黄色いし、ビールとよくあった。お店のおっちゃんとおばちゃんの笑顔に癒され、ささやかながらも充実した一日だった。

f:id:Nisshi:20160502111407j:plain