シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

4/25(月)片道3時間のHAA VALLEYピクニック - Paro (HAA Valley) -

今日はパロからHAA VALLEY(日本語でハアア村っていうの?)まで、車で片道3時間のドライブで、ブータンで車で行ける最も標高の高いチェレラ峠を越えていく。村に着いた後は、川辺でお弁当を食べるというなんとも平和な一日だ。

ドドさんが、「途中でチェレラ峠に休憩に止まるけど、トイレはないよ。緊急な場合はジャングルを使って」と言う。「青空トイレだね」と言って、皆で笑いながら出発した。道中は長いので、ブッディストの音楽ラジオをカドさんがかけた。ちょっとインドの音楽に似ているけれど、ブッディスト音楽のわりにヒップホップ系のノリのものもあって面白い。

サイプレスやジュニパーの美しい木々に囲まれた道を進み、馬、牛、ヤック(バッファローと仲がいいらしい)等と出会いながら、2時間くらいでチェレラ峠の山頂に到着した。

f:id:Nisshi:20160428114255j:plain

f:id:Nisshi:20160428114419j:plain

しばらく休憩ということで外に出たけれど、気温が日本の2月くらいに感じるほど寒い。かろうじて寒さ対策としてストッキングとヒートテック的なものを中に着て、ユニクロのウルトラダウンを羽織っているけれど、耳が冷たくなって痛い。山頂は本当に静かで、ただただ雪が積もったチョモランマを見ながら、雄大な自然を前に何も考えることができなかった。(ちなみにチョモランマは通常9月や10月にクリアに見えるそうで、今日なんかに見れるのは本当にラッキーとのこと)山頂の少し奥に進むとストゥーパがあり、マントラを書いた旗を少年が一生懸命に木と木にぶら下げようとしていた。

f:id:Nisshi:20160428114512j:plain

f:id:Nisshi:20160428114551j:plain

あーそろそろ私も青空トイレデビューかと思いながら、峠を下っていく途中でティータイムをしてくれるそうで(汗)、ポットに入った熱湯でミルクティーを作ってくれた。青空と自然の中で飲むミルクティーは本当においしく、ドドさんが「Beautiful day」と言い、まさにその通りだと思った。

そこから1時間くらいでHAA VALLEYにやっと到着した。ここは2002年くらいに観光客も入れるようになったそうで(十分な滞在施設やレストラン等が整備されていなかったため)、手つかずの自然が残されていた。

f:id:Nisshi:20160428114713j:plain

まず、ブータンに一つしかないというブラックテンプルを訪れた。昔この地域でひどい疫病が流行り、その悪いものをこの寺が吸い込み人々を回復させたため、寺が黒くなったという。

f:id:Nisshi:20160428121933j:plain

そして、川辺の木陰で馬が普通に歩いている芝生に敷物をひき、お弁当を広げてドドさんとカドさんと3人で食べた。こんな風に青空の下でお弁当を食べるなんて、何年ぶりだろう。なんだか小学生くらいに戻った気がした。食べながら、またたわいもない話をした。カドさんは36歳で、18歳で結婚し、14歳と15歳のお子さんがいるという。どうりでお父さんの雰囲気が漂う訳だ。意外だったのは、ブータンでFacebookやLINEなどが流行り、それが日本で言う出会い系のように使われるため、既婚者同士で会ったりしてトラブルになり、離婚が増えているという。「できれば聞きたくなかった!!私のブータンのイメージが壊れる」と言うと「そんなにたくさんじゃないよ、少しだよ」とドドさんがフォローしていた。そんな彼は独身のようで、週末何してるのと聞くと、パーティー(?!)へ行ったり、カードゲームして小さなお金を賭けたりして遊んでるらしい。ただ、胃の病気になり、今はお酒を飲めないため、パーティーで踊っている女の子を見て楽しむとのこと。楽しいの?それ・・・。

f:id:Nisshi:20160428114900j:plain

f:id:Nisshi:20160428114934j:plain

ご飯を食べ終わり、カドさんが残ったご飯を野良犬にあげていた。みんながこうして餌をやるので野良犬も生きることができ、動物や自然と人間がうまく共存しているブータンは素敵だなと思った。(しかしその後、私はホテルの部屋にいたハエ2匹を瞬殺した)

また来た道を3時間かけて帰る途中、希少動物のサルが道にいた。これはめったに見ることができないそうで、見れると幸運が訪れるという。「明日のTiger nestハイキングはきっとうまくいくね」とドドさんが言ってくれた。

f:id:Nisshi:20160428115015j:plain

ホテルに行く前にローカルバーに寄った。ブータンにはバーが多いが、必ずレストラン&バーとか、八百屋&バーとかセットになっている。バーと言っても普通の食堂でお酒が飲める感じで、ビール大瓶1本とリンゴジュースで100Nu。(200円弱)なんと安い。

f:id:Nisshi:20160428115037j:plain

今日と明日のホテルは、Metta Resort & Spa。マレーシア人がオーナーということもあり、確かにどこかのマレーシアのリゾート地にありそうな雰囲気がする。レセプションにはレモングラスのにおいが漂い、部屋の内装がおしゃれで広い。食堂も幻想的な音楽が流れており、キャンドルが各テーブルにおかれてある。私はブータン料理しか食べなかったけれど、Europeanが多いのかFish & Chipsまであった。

f:id:Nisshi:20160428115114j:plain

f:id:Nisshi:20160428115158j:plain

しかし、ここもやはり犬が外でワンワン鳴いており、やかましい!!私もブータニーズのように広い心を持てたらいいのだけれど・・・と思いながら22時前に眠りに落ちた。