シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

    

アジア+オセアニア 女子ひとり旅ー構想編②

構想編①で書いたけれど、私は疲れると南インドのケララ州にあるアーユルベーダ(インドの伝統医療)病院へ静養に行く。先日も帯状疱疹が出て精神的にもまいったときに、10日間静養していた。

インドで静養?!という反応をよくされるが、そこは隔離された自然の多い場所で、朝6時~ヨガ&夕方6時半から瞑想をし、ベジタリアンの非常においしいご飯を3食食べ、私の症状や体質にあったトリートメントを受け(午前&午後の2回)、お薬を飲み、スタッフの温かいホスピタリティに触れることで、心も体も元気になる私の第2の故郷のような場所なのだ。(↓こういう所)

f:id:Nisshi:20160324215112j:plain

 今回の静養中に出会った、バックパッカー慣れをされている非常に素敵な日本人女性に「旅にテーマがあったほうが楽しいよ」と言われ考えてみた。そして、このアーユルベーダ病院のような場所がたくさんあればいいなと思い、旅のテーマは「たくさん第2の故郷を作る」にした。

私が南インドに行けば必ず元気なれるのは、この条件がそろっているからだと思う。

①自然が多い

②食べ物がおいしい

③温かい人とのふれあいがある

 なので、今回の旅もこの3点を軸にプランニングしていくことにした。