シンガポールにいるうちに🌴

大好きな東南アジア生活の記録

SGD15のワインテイスティング会が楽しすぎた

Bottles XO(Home - BottlesXO)というワインの会社が宣伝のため、週一回くらいのペースでワインテイスティング会をしている。注文するアプリをダウンロードしていると、参加費がSGD15でワインを楽しめ、チーズやクラッカーなどが気持ち程度出てくる。今回初め…

ライフコンサルタントと心理学副専攻の先輩方によるHappiness講座

2週間に一回近況報告をしているJamesと、今日は近所のカフェで話すことにした。そしてJamesと出会うことになったMeetupグループ「Your next step」のオーガナイザーだったベナンさんも今回は参加してくれた。 (Your next stepは去年11月に参加していたグル…

ミャンマーのスイーツ ~カスタードプリンと茶わん蒸しの間のような味~

そろそろ新しいお花を買い替えようと、リトルミャンマー(Peninsula plaza)へ行くことにした。そしてまたミャンマーのスイーツを買う。 こちら今日買ったスイーツ。パッケージからはいったい何者か全く分からないが、多分チーズケーキ系の味かな?と思った…

シンガポール生活を楽しくするコツをJoyceに聞く

北京出身のJoyceとお茶かランチをしようと思い、連絡してみた。「ついに近所に引っ越したよ!時間のある時に、ランチかお茶しましょう」「もし時間があったら、今日はどう?」「じゃ、15時にお茶で」ということで、すぐさま決まった。 場所は、昨日旦那と店…

引っ越しの乾杯は、ローカルの骨肉茶(バクテー)で

本当は引っ越しが完了した日にこれをしたかったのだが、全ての気力を使い果たした私は食べ物を口に運ぶのが精いっぱいだった。なので少し遅れたが、近所をブラブラした時に気になっていた、ローカルの人が多い店で乾杯をすることにした。 「おつかれ~!」と…

美しくて、人は穏やかで、食べ物がヘルシーなインドもある

私は来月ダライラマの法話を聞きに、インドのマナリへ行く。そして来月で6回目のインド旅行になる。そういう話をすると、たいていの人は「?!なぜインドなんかに・・・」という反応をする。ブータン旅行の話はみな目をキラキラさせて聞くのに、インドの場合…

撮っては確認しを、多分10回くらいは繰り返した

そろそろ自分の動画を撮らなければならない・・・。実はスカイプで日本語を教えるのに使っているPreplyというWebsiteが、自己紹介の動画をプロフィールに載せろと要求してきた。それをしないと、生徒が検索しても引っかからないようになるという。 (関係な…

シンガポール内で引っ越したい ~引っ越し中の新しい待ち方編~

我々は引っ越しを無事に終えたが、本当に疲れた。どれくらい疲れたかというと、引っ越し業者が荷物を部屋から運び出している間に、クローゼットで寝るくらい疲れた。 (扉を閉めると、割と静かになるのだ) 引っ越しはクラウンラインさんにお世話になり、荷…

シンガポール内で引っ越したい ~追い込み編~

荷物を本格的に段ボールに詰めるにあたり、旦那に「仲良くやろうね。引っ越しは共同作業だからね」と言われたが、それはどういう意味なのだろう? 今日はまず新居へ荷物を運びこむ前に、バルサンをたくことにした。不動産屋さん曰く「ここのコンドはちょっと…

「その先に何があるかは、誰も分からない」

残念ながら日本語を学びたいという生徒数が少なかったために、私はシンガポールのとある学校で日本語教師になることができなくなってしまった。これはとても残念だったが、しょうがない。インドのダージリンを旅行中に、電気と水道が止まって自分でどうしよ…

無条件で温かく迎え入れてくれる人の大切さ

いつもお世話になっているチャイナタウンの手相占いのTeoさんへ、日本のお土産を持って行くことにした。「こんにちは~、これ日本のお土産です」「おぉ、ありがとう!ランチへ行きましょう」と、チャイナタウンのおいしい中華料理屋(https://www.quandoo.sg…

アメリカ人→フィリピーノ→シンガポール人との朝

テキサス在住の方と日本語レッスンをすることになった。「テキサスって、ほんまにあぁいうカウボーイの帽子かぶってんの?」「かぶってるよ。テキサスの旗もあるし。というかアメリカは州ごとに国旗みたいなのがあるよ」旦那はテキサスに行ったことがあるら…

シンガポール内で引っ越したい ~1週間のカウントダウン編~

ついに来週シンガポール内の違うコンドに引っ越しする。今のコンドにはあと一週間しかいないのかと思うと、少し寂しい気がする。住み始めた頃はなんだか自分の家ではなく、どこかのホテルにずっと住んでいるような感じがしていた。しかし今はシンガポール国…

マラッカに負けないサンセットの写真を撮りたい ~Lower Peirce Reservoir Park編~

マラッカでは残念ながら夕立に降られて、美しい夕陽を見ることはできなかったが、昨日最寄駅から自宅へ歩いて戻る時に真っ赤に染まった夕陽を遠目に見た。きっとシンガポールでも美しい夕陽を見れるに違いない。マラッカに負けない美しい夕陽が見れる場所を…

タイで出会ったお花をリトルミャンマーで

先週の日本への一時帰国で『シンガポールの生活は、実は貴重なものなのではないか』と思いだし、毎日を丁寧に過ごすことにした。大好きなシンガポールの暑さ、行き交う様々な国の人々、私の日本語レッスンを受けてくれている生徒さん達との一回一回の授業、…

「それは世界で最も奇妙な生徒だわ」

マカオのおじさま(ヨイさん)との日本語レッスンの内容を考えるのに苦戦する。丁寧さが求められるシチュエーションできちんとした日本語を話したいということと、丁寧な日本語を使った世間話が苦手なので克服したいとのことだが、既に流暢な日本語を話して…

シンガポールへの適応期がついに来たか

一週間の日本滞在は、食べ慣れた食べ物、行き慣れた店、友人との宴、実家でのんびりするなど、どれも自分が昔手にしていたものであり、ホッと安心するものばかりだった。食べ物も店員さんもきちんとしており、公共交通機関も時間通りに来るし、申し分なく全…

こうなったらもうモンゴルへ行く!!

実はあるシンガポールの学校で、非常勤講師として4月から週一回日本語クラスを受け持つことになっていた。軽い気持ちで日本語をスカイプで教え出し、なぜか徐々に生徒さんが増えていき、きちんと教えられるようにと日本語教師養成講座を受講し始め、もっとた…

ガブリエル・シャネルのモットーから考える、生活の充実のさせ方

自分が単なる暇人と分かってから友人のアドバイスも参考に、どのようにすれば充実した生活を作れるかを考えていた。忙しくすることと充実することは別物であり、無作為に何かを詰め込めばいいというものでもない。しかし何もないところから作るのも難しいの…

香港経由で日本へ! ~白い岩とブータンからのHello~

大阪で散々食べまくった次は久々に広々とした海を見たくなり、白い岩が有名な海岸公園へ行くことにした。結構田舎なのだけれど、ここは日本の渚百選に選ばれているらしく、日本は三連休ということもあって割と人が多かった。海外の方も来られるのか、トイレ…

香港経由で日本へ! ~日本食とネパール人とチオビタと~

少し寒さも和らいできたので、日本へ一時帰国をすることにした。そしておそらくこれが今年最初で最後の一時帰国になる。次にシンガポールへ戻ると一気に色んな物事が動きだすので、少しのんびりすることにした。今回は香港経由のフライトだったが、これはな…

マカオのおじさまと日本語レッスン

スカイプの日本語レッスンを始めてから、ちょうど半年が経っていた。そしてまた新たに問い合わせを受け、お名前が中華系だったのでシンガポールの方かな?と思ったら、なんとマカオ在住の中国の方だった。香港の知り合いはいるがマカオの方とお話しするのは…

シンガポールのローカル小学校で先生のアシスタント体験

朝9-13時までBukit Batokにあるローカル小学校で、先生のアシスタントをした。私が今日したことというのは、子供がエクササイズ中に勝手にどっかにいってしまわないかを見たり、宿題を見て間違っているのを教えたり、外に出て行った子を部屋に戻したりするこ…

Toa Payohで見るシンガポールの日常

旦那がどこかへ行こうよと言うので、近場で現地の方の生活が垣間見られるToa Payohへ連れて行く。Orchardなどのショッピング街へ行くよりも、こういう所を散策する方が色々な発見があり面白いし「あれは何だろう?」と言いながら買い食いもできる。しかも安…

あの有名なティラミスヒーローへ

「週末ティラミス食べに行く?」ティラミスに目がない旦那によると、ティラミスヒーロー(The Tiramisu Hero)というカフェが有名なのだそう。このティラミス屋さんは、フィナンシャルプランナーとブロガーがオーナーという異色の店で、どんなティラミスが食…

West coast park へ行く

バスで約1時間揺られて、West coast parkへ行く。先日行ったBukit Batokもそうだったけれど、西へ西へ行くほど都会ではなくなりローカル感が高まる。下町の普通の雰囲気が好きなので、そういう場所をたくさん散策したい。 恐らくマラッカへ行った時、この道…

シンガポール内で引っ越したい ~内覧編~

こないだ引っ越し候補先の街の雰囲気を見て周ったが、いよいよ空き部屋のある4つのコンドの内覧へ行く。最終的には2つの部屋でとても迷うことになったので、後から「なんでここに決めたんだ!!」となった時のために振り替えることができるよう、記録として…

他言語を学ぶことの難しさ

少し日本語に飽きてきたので、ネパール語を勉強する。日本に住むネパール人のラメッシュさんから「文字をまず読めるようになった方がいい」とアドバイス頂いたので、日本語で書かれたネパール語の本をたよりに文字に取りかかるが難しい・・・。とりあえず自…

「たまには変えないと飽きるんだよ」

インフルエンザのおかげで、2週間遅れて結婚記念日を祝う。今回はマーライオンとマリーナベイが窓から見える、景色が抜群のレストランだった。品の良いイタリアン料理と落ち着いた雰囲気で、旦那が仕事の会食で使っただけあり本社から来た役員や重要な取引先…

Bukit Batokで知ったシンガポールの違う一面

10年来の飲み友達のアドバイス通り、社会的な拘束の中で何かの活動を定期的にすることにした。日本語を教える以外に身一つで、自分の経験や能力を活かして誰かの役に立てないかなと色々探していたところ、シンガポールの小学校で先生のアシスタントをすると…

シンガポールの西の方へサンセットを求めて

マラッカで夕陽を見損ねたので、なんとかシンガポールで挽回したい。西の方にあるLabrador Parkの海辺へ行ってみたが、ここはとても良かった。街中のコンクリートジャングルから抜け出し、夕暮れ時に潮の香りをかぎながら目の前に広がる海を見て、ボーッとす…

ブータン人とメキシコ人と関わった日

朝起きるとFacebookになぜか知らないブータン人から、友達リクエストがきていた。既に友達のドドさんとカドさんの友達で、私と繋がったのかな?と思いきや、ドドさんともカドさんとも全く繋がっていない人だった。ティンプー在住というのだけが、ドドの在住…

フィリピン料理「Adobo」を食べる

フィリピーノのある英会話の先生に、以前お勧めのフィリピン料理を聞いたところ「Adobo」と返ってきた。日本で暮らしていたら恐らく「へぇ」で終わったが、ここはシンガポール。週末はフィリピーノで埋め尽くされるLucky plazaへ食べに行ってみることにした…

単なる暇人に喜ぶ

今日は2週間毎にお互いの近況を報告し合っているJamesと、シンガポールのスタバで直接話す。友人の結婚式のために、ホーチミンから一時帰国していた。「私のこの2週間の進捗は、インフルエンザになったこととマラッカへ行ったことくらいです」「(笑)僕も前…

のぺっとした生活の脱却計画

「それは自由すぎて、生活がのぺっとしてるんやろ?」元同期で気心がしれた10年来の友達と、Facebookのビデオ機能で3カ月ぶりに話していた。私はワインを飲んでおり「そっちは何飲んでんの?それジュース?」「杏子酒」まだ15:30だったが、さすが長年来の飲…

とあるスペイン人とシンガポール人とお話しして

今回はある2人の初対面の方とお話しし、「会話をすること」について色々と考えた一日だった。 ①とあるスペイン人 まずマラッカに行く前に道でたまたま出会ったスペイン人と、ビールを飲みながら餃子を食べて色々と話をした。この方は32か国旅をされており、…

2/23(木)マラッカから帰って思うこと

8時に起きて朝食を取りに行く。中庭で食べるのは気持ちがいいのだが、朝ごはんに野菜が皆無だったので何らかの野菜が欲しかった。代わりにフレンチトーストとコーヒーを頂く。朝食を食べている客層を見ているとバックパッカーなどは見当たらず、中国人の団体…

2/22(水)シンガポールからマラッカは結構遠い

シンガポールからマレーシアのマラッカへバスで1泊2日のショートトリップをする。マラッカへは7年前に行ったが、当時ペナン、クアラルンプールへ行った後マラッカに1時間くらい寄っただけで、よく覚えていない。ちなみにバスはここから予約でき、片道SGD12と…

メキシコ人を合コンへ送り出す計画

今度は日本に住むメキシコ人に、日本語のトライアルレッスンをする。しかし彼は日本に住んでいるのでスカイプでシンガポールに住む日本人から習うより、どなたか日本人のお友達を作って、酒でも飲みながら直接教えてもらう方が上達するような気がするのだが…

バックパッカーのバイブル「深夜特急」を読み返して思うこと

インフルエンザが完治するまで外に出れないので、沢木耕太郎の深夜特急を読み返すことにした。これは著者がデリーからロンドンまでを乗り合いバスで行くことを目標に、香港を皮切りに南下し、様々な国を旅するあまりにも有名な旅行記だ。 「おもしろい?」と…

旦那による男の料理の結果

インフルエンザ発症から今日で4日目になり、明日でタミフルを飲み切る。熱は下がったものの、ウィルスを持った私が味見しながらご飯を作ることもできず、旦那が男の手料理で数日頑張ってくれたので、記念に(?)ここに記録する。 一日目はおかゆを、二日目…

年中夏のシンガポールで嫁はデング熱を疑われる

去年の夏に旦那は常夏のシンガポールでインフルエンザA型にかかった。当時「え?年中夏なのにインフルエンザとかかかんの?!」と思っていたら、なんと自分もかかってしまった。発症したと思われる日の夜に熱が39.7度まで上がり、ぶっ倒れるかと思った。が、…

シンガポール男子とフィリピン女子の考え方の違い

昨日シンガポール女子が悩みを打ち明けてくれた時に、うまく英語で反応することができず『あなたの気持ち、すごくよくわかります』とか『なるほど・・・それは大変だね』などとしか言えなかった。他の人だったらなんてアドバイスするのだろうと思い、2人に…

働くシンガポール女子の生活を知る

今日は歳が近いシンガポール女子とランチをする。我々は6時間くらい色々な話をして、最終的にはカフェの閉店時間がきて追い出された。さもなければ、もっと話し続けていたと思う。 まずEast coastにある有名なPrawn noodleの店で、ランチを取る。混むからと1…

シンガポール内で引っ越したい ~街の下見編~

去年チョンバルへパンを食べに行ってから、そこのゆったりした街の雰囲気が気に入り、今のコンドの契約が切れるタイミングでのんびりした所へ引っ越ししたいなぁと思っていた。すると意外に早く、今のコンドの契約更新の有無を不動産屋へ言わなくてはならな…

ネパール語『ギャッタミー(すごーい!)』の謎、解ける

大阪に住んでいるネパール人のラメッシュさんと、ちょこちょこやり取りをする。彼は大学生で修士を終え、博士を取得されようとしている。日本にもう8年住んでいるそうで、書く日本語が言い回しや漢字も含めてパーフェクトだ。(私の方がタイポなどでたまに日…

豪雨=ビール

大阪に住んでいるネパール人と、これもまたひょんなことからお友達になった。昨日”どういたしまして”という意味で習ったネパール語「サンガトーン」を使ったら、「どの国の言語?」と言われた!これは「ギャッタミー」に次ぐ一大事であり、早くネパール料理…

シンガポールにいるうちに旦那に行ってほしい旅先5カ所

「それ君の意見であって、僕は強制されないからね!」と言われながらも、シンガポールにいるうちに旦那に行ってほしい旅先をここに告げる。私はアジアの国々をすべて旅したわけではないが、自分が旅した数ある国の中でも、①希少性、②体力、③シンガポールとい…

知らなかったシンガポール ~リトルミャンマーのタナカ~

シティホールにあるPeninsula plazaに、ミャンマー料理を食べに行く。「ミャンマーっぽい服着てよ」と旦那に言うと「え?何その急なリクエスト。ちょっと待って」と言って着替えてきたが、ただのチェックのシャツだった。「ミャンマーの人シャツとか着てるか…

シンガポール人に敬語を教えるにあたって、気づいたこと

新たな日本語レッスンの生徒さんに、トライアルレッスンをすることになった。今度は働くシンガポール女子。書いている日本語が非常に上手で、尊敬語や謙譲語、ビジネスで使う単語、日本人マネージャーとの面接ポイントなどをさらに知りたいそう。尊敬語や謙…